新着Pick
662Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ふふふ、銭湯のリノベーションにはちょっと興味があって何かやろうと思ってます
コインランドリーがこんなに主婦に浸透していたとは予想外でした。
確かに大物を洗えたり機能性が向上し、クリーニングに行くより安く、家でやるより早い。供給側で、サラリーマン経営者も増えているようです。業界内では今後もまだ伸びる、という見方が大半。古くからあるサービスなのに、今時珍しい市場です。
コメントでも指摘されてますが、おしゃれなカフェ型店舗も増えてきていますよね。(例)http://www.nc-nomura.com/store/info_sikinzan.html

銭湯の今後は、後継者問題などを解決するとともに、高齢者のコミュニティとして利用してもらうとか、外国人観光客などの取り込みを積極的に図るほかないのではないでしょうか。
都内の銭湯で年間利用者数は2,400万人。東京都に来た訪日客数は1,200万人なので、うち2割が来てくれれば1割増ということに。
コインランドリーは本当に多くなっていますねー。
あちこちで見かけます。

普通の銭湯が公衆衛生のために果たした役割は大きかったです。
日本の清潔文化の象徴。
今でもたまに行くと気持ちがいいですねー(^o^)
大学に入学して初めて東京の銭湯に入ったときは、湯が熱すぎてびっくりしました。
「回転をよくするため」だと思っていましたが、江戸っ子じいさんは熱い湯が好きだという説もあります。
面白い。コインランドリーと銭湯という、家庭内設備の代替につれて廃れるはずの産業が違う状況をたどっていることがデータ分析からはっきり分かる。銭湯のなかでも業態を変えて成功したスーパー銭湯、しかも中国に進出して伸びている「極楽湯」についての情報も興味深い。

日本へのインバウンド観光で温泉を体験して、自分の国でも日常的に使いたいと思う人も多そう。熱いお湯に長い時間浸かるという習慣がない東南アジアでも、日本で体験した人が良かったという人は多い。いわゆるヘルススパで湯船につかるのはオマケ程度だが、日本のスーパー銭湯は湯船に浸かる部分がキモ。新しい需要が生まれ、日本企業が海外でより取り込める可能性も示唆されている。
コインランドリーについては過去のこの記事が良く書けてました
https://newspicks.com/news/1212665
需要サイドとしては共働きの増加による週末まとめ洗いニーズの増加やタワマンで干せないマンションの増加。供給サイドとしては立地を選ばず初期投資が安く現金商売でありメンテも楽という収益不動産としての競争力が挙げられてました
また、前回もコメントで書いたように、洗濯機の稼働状況がネットで確認できるなどのIOT的な進化も一つの要因になっていると感じます
ちょっと古い表現ですが、スーパー銭湯はプチ贅沢層の取り込みにも貢献したのではないでしょうか。レジャー施設の意味合いが強いので、長時間お湯につかっているのが苦手な人でも楽しめるというのがいいですよね。なお、スーパー銭湯の水処理、排水などのろ過装置システムについては、ミズプラが30%以上のシェアを占めてトップだそうです。
完全に余談ですが、以前いわゆる銭湯に行ったらお湯が熱くてゆっくりつかっていられなかったことが・・・適温を保つこととしか定められていないようですが、客層によっても結構違うんでしょうか。

コインランドリーがこんなにおしゃれになっているとは知りませんでした。家庭への普及率というところでは、浴室暖房乾燥機も関係ありそうです。2001年時点では5%程度しか普及していなかったのに対し、2014年時点では新築マンションで8割、賃貸でも6割と普及が進んでいるようです。
自分が住んでいる文京区の銭湯も、昨年に潰れてしまいました。
銭湯には地域独特の雰囲気が味わえて良いな、潰れないでほしいなと思いつつも、サービスの質をシビアに見ていくとスーパー銭湯には勝てないのが現状。
古いものを大切にしながらも新しいアイデアで変化を生んでいく必要はある。
▼こんな銭湯が地元にあったら嬉しい
①銭湯をコワーキングスペースにする
②銭湯を美術館にする(直島にありますねhttp://benesse-artsite.jp/art/naoshimasento.html
銭湯は、SOFC(固体酸化物燃料電池)を導入してお湯を沸かし、発電して電気も売ればいいと思います。

銭湯は文化としては好きですが、単にノスタルジーでは済まされません。ビジネスとしては保護がズブズブ過ぎて、いつかは刷新されるべき存在かなと思います。

庶民には高いし。

私が学生・大学院生時代、1万五千円のアパートに住んでいた頃は、銭湯なんて贅沢過ぎて月に数回が限度でした。近所のコインシャワー100円か、大学の体育館か、物理教室のトイレにある温水シャワーか。

月会費2000円くらいのスポーツクラブでサウナという時代もありましたね( ´_ゝ`)。

実家が銭湯という方に、「いいですね」と言ったら、その方は「風呂は小さい方がいい、銭湯なんて入らない」と言いました。確かに、時として身体を伸ばせるのは気持ちいいですが、「入浴」とは何かということを突き詰めると、小さなお風呂の方がいいという考えもありそうです。今は小さな浴槽で入るお風呂の良さを追求しています。
公衆浴場が衰退していったのはマイカーが普及した時代と重なりますから、相当古い現象です。私にはレンタカーよりレンタサイクルが一般的に取り上げられることがやや不思議です。
銭湯とスーパー銭湯の価格差が興味深い。銭湯は、各家庭に風呂がなかったときの代用、一方でスーパー銭湯は、娯楽としていく位置づけだと思う。求めている効用が違い、こういった価格差があってもビジネスが成立するというのは興味深い。
ちょっと気になったのが、皇居ランなどが流行って久しいがそれに対応した戦闘があるのか?探したらあった(下記)!家からわざわざ行くのは面倒でも、何かをするののついでに銭湯が使えれば便利だし、時代と合わせてサービスも変わっていくことが重要。
読んでいたら大きい風呂に入りたくなってきた…今度行こうかな。
http://www.edoyu.com/kanda/runsta.html
この連載について
企業・業界分析プラットフォームのSPEEDAを活用し、アナリストが企業や業界、分析手法について解説・分析をします。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
759 億円

業績