【楠木建×横山由依】アイドルと大学教授はここが似ている

2016/10/2
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する新連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストは一橋大学の楠木建教授。 後編では努力についての考え方、そして横山由依さんの今後のキャリアについて話が及んだ。
努力は自分から言うものではない
──横山さんはAKB48のなかでも努力家ということで有名です。横山さんはAKB48の活動の中で「努力をしている」感覚はお持ちですか?
横山 みなさんをガッカリさせるかもしれないですけど、私はAKB48の活動で努力したなって思ったことは一度もないです。
楠木 わが意を得たり!ですね。たぶん僕が言っている「努力の娯楽化」と同じことを横山さんはしてきたのだと思います。
はたから見ていると、「この人は努力家だな」「ずいぶんと頑張っているな」って思う。でも本人は、それが好きでやっているだけ。好きだから苦にならない。好きだから持続できる。本人にとっては「娯楽」に等しい。この状態がいちばん強いわけで、それを「努力の娯楽化」と言っています。「好きこそものの上手なれ」というのは、努力の娯楽化というメカニズムが作動した結果ですね。
横山 本当にそうです。よくメンバーから「これはすごい努力だったね」と言われるデビュー前のエピソードがあるのですが、それも努力している感覚はなかったんです。
私は京都出身で、AKB48のオーディションに合格した時はまだ実家に住んでいました。ただ、2カ月間のレッスン期間は東京に通う必要があったんです。
はじめは新幹線で通っていましたが、自費だったのでお金がこのままでは足りないので夜行バスを使うようになりました。
金曜日の夜に京都から出発し、土曜日の早朝に東京に着いて、マクドナルドで時間をつぶしてから、レッスンを受けていたんです。
日曜日の夜にレッスンが終わるのですが、そこからまた京都に夜行バスで戻っていました。
そして、月曜日の朝に着くと、荷物をコインロッカーに預けて学校に行く生活を続けていました。
楠木 その時は高校生ですよね?
横山 はい。「アイドルになるためには、これを絶対にやらないといけない」とは思いましたが、一ミリも努力だとは考えていませんでした。
だから、自分で「努力をしている」っていう人は、まだ、本当に努力をしてないんだろうなって思ってしまいます。
将来、振り返った時に「あの時、努力していたな」と思うことはあっても、「今、努力している」と言うのは違う気がするんです。
もっと言うと、努力は自分から言うものではないのかもしれないな、と思っています。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に