【楠木建×横山由依】仕事の場面でこそ「好き嫌い」を聞くべき

2016/9/25
AKB48グループの2代目総監督を務める横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する新連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストは一橋大学の楠木建教授。 前編では、なぜ、楠木教授が『好き嫌い』に注目しているのかについて話が展開した。
「好き嫌い」とは何か
──楠木教授は、NewsPicksにおいて、ピッカーからの人生相談に答える「楠木建のキャリア相談」が人気を博し、書籍化もされています。
また、多くの優れた経営者やリーダーを見てきた中で、成果を出している人は「自分が好きでやっている」「良し悪しよりも好き嫌いを優先している人が多い」と指摘しています。今日はそんな「好き嫌い」が対談テーマです。
はじめに、横山さんはアイドルとして、好きな色や食べ物などを聞かれることが多いと思うのですが、横山さんの好きな色について教えて下さい。
楠木 いきなり昭和の芸能雑誌みたいな質問ですね(笑)。
横山 私は、昔から紫色が好きです。幼稚園の時に「絵を描くために1本、クレヨンを選んでいい」って言われたことがあるのですが、その時から、毎回紫色を選ぶぐらい好きでした。
それに、紫色だけは絶対に「色」をつけて呼ばないと嫌なんです。他の色は黒や赤でいいんですけれど。敬いの意味を込めてというか(笑)。
楠木 じゃあ、さらに敬称を強めて「紫様」って言うのはいかがでしょうか。
横山 それは……世間から浮くのは嫌なので(笑)。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に