新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の会合の結果が量から金利へと着眼点が移ったのはたしかですが、長期国債の買入れは年80兆円をめど、またマネタリーベースの拡大方針は継続としていますから、”「量的」な限界点に達した”、「弾切れ」といった表現は適切ではないと思います。これはイールドカーブ・コントロールが本当にできるかどうかは別問題としての話です。

これまで日本が長期にわたってデフレ脱却が叶わなかったのは、金融緩和と財政支出の拡大というポリシーミックスが必要であったのに対し、その時々で金融引き締めや緊縮財政といった不適切なオペレーションを重ねてきたためといえるでしょう。とくに消費税率引き上げをはじめとして財政の負の効果を甘く見積もった政策運営を断続的に行ったことが主たる要因と考えられます。

そう考えていくと、日銀に依存しすぎた経済政策は否定されるべきであっても、日銀の金融緩和それ自体は何ら否定されるものではないということになります。世界的に財政支出の拡大の必要性が謳われるようになり、日本も政府による再度の消費増税延期や(十分とはいえないものの)大規模な景気刺激策を実行する段階となる中で、今度は日銀による金融緩和を全面否定して緩和縮小に向かわせるようになってしまっては、それこそデフレ脱却のチャンスをまた逃すことになると思います。

それと任期中の黒田総裁に対して「黒田東彦総裁とは、何だったのか」と過去の人のように語るのは時期尚早。また、失礼な話。こうしたタイトル付けでの論評は退任後に行うのが通常でしょう。
潜在成長率以上の経済成長と、それによるデマンドプル・インフレを起こすことは無理なんです。それを考えるから無謀な財政拡張に走り(経済学の教科書通り、財政拡張すれば当然GDPは一時的に上がります)、今の危機的財政状況を招いた。別に、深刻な経済危機の状態にあるわけではない日本で、なんで今、超金融緩和と財政拡張のポリシーミックスをやる必要があるのだろう。

流動性の罠に陥っている超低金利下でどんなに日銀当座預金を膨らませても実需は出てこない。これも教科書通りです。円安誘導して悪いインフレにしても(輸出企業の一部を除き)国民は窮乏化する。潜在成長率を高める地道なサプライサイドの改革を進めるべき数年間を無駄にした感が強い。それとも、政府日銀が連携し、実質的なヘリマネを通してハイパーインフレを起こして政府債務問題を解決するつもりだったのだろうか。だとすればなかなか高度な戦略です。
黒田さんじゃなければ、いまどうなっていたことか想像したくはないですね。
環境要因を斟酌すれば、日銀総裁インデックスを大きくアウトパフォームしていると思います。
退任後にぜひとも自叙伝等で「胸中にどんな志を抱いていたのか」、「日銀内をどのように掌握したのか」、「安倍総理とはどのような価値観を共有していたか」を知りたい(鈴木さんご指摘の通り、まだ先の話ですが)。講演料は高そうですね。
日本銀行が量的緩和に慎重だったのは、有名な「翁(現京大教授、元日銀マン)-岩田(現日銀副総裁、元リフレ派学者)論争」に見られる通りです。そういう立場の日銀が、世界に先だって政策金利の引下げが限界に達したのち、慎重を期しながら進めた政策の一つが量的緩和だったはず。
その慎重さが気に入らず、リフレ派の議論に乗ったのが黒田総裁です。そして今、マネタリーベースを増やしてもブタ積み(銀行が日銀に預けるお金)が増えるだけ、という翁(邦雄)先生のご主張に軍配が上がったように感じます。
問題の本質は「日本経済の実力の低下という“不都合な真実”を正しく受け入れられず、大胆な金融緩和で無理に解決に当たり、結局は不均衡(バブルや過剰設備)を蓄積して問題をよりこじらせてしまう」という一点に尽きるでしょう。
金融政策、財政政策に頼り過ぎず構造改革を進めるべきという不肖私の主張を、岩田先生が名前まで挙げてご批判下さったことがありました。しかし、好況不況はイノベーションの波で起きる。財政政策や金融政策を危機でもないのに多用すると、景気の振幅を大きくし、イノベーションの足を引っ張って却って成長の芽を摘んでしまう、というシュンペーター的な発想も必要な局面ではないですか。期待に依存する政策は危うい、という趣旨の言葉を残して白川前総裁が日銀を去ったころ、アメリカの量的緩和は危機脱却には効いたが実体経済にはさして効果を発揮していない、ということが結構言われていたと記憶しています。
デフレ脱却するには金融政策(お金が足りない)ではなく、財政出勤/需要創生(需要不足の解消)が必要で、消費増税で足引っ張ってしまった事が痛かった。
解っていても実際なかなか総括出来ないものなんでしょうかね…。期待が大き過ぎたと言う事なんでしょうかね…。
一方で、白い日銀時代のコアコアCPIインフレ率のレンジー1.5%~ー0.5%を0~+1%まで引き上げたという見方もできます。
黒田総裁は将来、どんな中央銀行総裁として歴史に名を刻むでしょうか。
今回はそんな視点から、先日の日銀の決定の意味を考えます。
日銀総裁の成果を評価するなら賛否両論かもしれませんが、日銀の政策が手ぬるいと批判する人はいないでしょう。就任前、財務官時代の批判と就任後の実行にも裏表はない。インフレが公約通りの2%を超えなかっただけです。通貨の信頼も崩壊してない。日銀万能じゃないという事が証明されただけでしょう。
財務省(大蔵省)出身。日銀出身者ではなく、今やっていることは日銀としては相当に異端なことだと思うが、財務省・大蔵省関係者からの評価は知りたいところ。なお、見出しに関しては鈴木さんのコメントに同意。
この連載について
世界で起きている経済・企業・テクノロジーについて、鮮度の高いニュースを、NewsPicks編集部が独自に「ヒト」「モノ」「カネ」の3つの視点で独自に分析。速報では得ることが出来ない知見を、タイムリーに提供していきます。