新着Pick

モスバーガーのレタスがおいしい理由

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
520Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
農家はメーカーになるでしょうね。工場ほどの歩留まりは出ないと思いますが、技術の進化でかなり確実にやれるようになってきました。
人気 Picker
見込み生産ではなく、受注生産。これだけ聞いても、「農業はメーカーである」という意味が分かります。今後はそのような意識を持った方たちが増えそうです。

農業に疎いので、分からない単語が沢山出てきましたが、大変勉強になりました。
なかなかおもしろいインタビューです。農業法人のあり方というのは日本の今後を考える上で一つのキーだと思うので、参考になりました。
災害保険というのはむしろ現状ないことに驚きです。災害がありすぎてできないんでしょうか。

・マーケティングが先で作るのは後(余ったものを海外で売ろうというのは間違い)
・品種のすべてを種苗メーカーに握られているということがリスク。JVでもよいので種子会社は立ち上げたい
・天候災害リスクに対する保険のような仕組みがほしい
モスファンとして、ひとこと。店舗による、味の差が、いまだに大き過ぎる。
「モス野菜」しかり。せっかくのレタスが、台無しに。さらなる企業努力、求む。
モスバーガーの取材記事かと思いきや、農業生産法人の鈴生(すずなり)さん!社長が現場でのイメージと違ったので一瞬気づきませんでした。
以前の会社でお世話になっていた時には、収穫も少し手伝わせていただきました。(レタスの収穫にはちょとコツがいるのですが、割と得意です)
3人の男兄弟で会社をどんどん大きくしているようですね。現場も勢いがありました。
海外での生産、天災の保険、自社での種苗管理 といった次の一手への視点もさすがの一言です。ご無沙汰しておりますが、またお仕事できる機会があるよう私も頑張ります。
意図(intention)と意思(will)を持って、農業から食に関わられている素晴らしい事例で勉強になります。ものづくりの基本ではありますが、作れるから作るのではなく、作りたい人がいて作る。
今来ているオランダは、農業を国策に掲げて大量生産、安定生産の仕組みは構築でき、世界でも農作物輸出量が2位になっています。しかし、シェフなどからは特徴のないコモディティになっているらしく、そういう方はバスク地方やフランスに出向き、旬の食材を探し求めると。農業も、まだまだ面白いですね
「農家はメーカーです」という一言がすべてを語っているように感じた。とても面白いインタビュー。農業というビジネスを見る目が少し変わった。
利用者(特に飲食店)のニーズを把握し、それを満たす商品を開発する。当たり前のようですが、これをされる農家さんはまだ少数派です。このような方が露出し、業界の考え方も変わってくれば有り難い所です。
見込みで造って、造ってしまった商品は全て販売店に引き取らせ、在庫が溜まったらインセンティブという基本体質の業界よりもある意味メーカーらしい発展形態ですね。
確かに天災リスクはどんどん上がっているようにも感じるので、日本の美味しい野菜を守るためにはもっと手立てがあった方がいいですね。
農業がメーカーという言葉はとてもキャッチーでいいですね。
やっぱり、農業こそ成長産業。小規模農家が規制に守られてやっていた時代から、農業を産業化して、ITを駆使し、大規模化し、輸出産業に育てたい。皆様オランダをこぞってみにいっていますが、岩盤規制の改革と法人の参入でもっと農業を発展させたい
モスバーガー(MOS BURGER)は、株式会社モスフードサービス(英称:MOS FOOD SERVICES, INC.)が展開する日本発祥のハンバーガー(ファストカジュアル)チェーン、および同店で販売されているハンバーガーの名称である。 ウィキペディア
時価総額
1,015 億円

業績