新着Pick
528Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
値段はさておき、Facebookがspotify買収を実現すれば、かなりWin-Win。

巨大なユーザベースにものを言わせ、広告でのマネタイズに依存していて、まだまだマネタイズ効率が悪いFacebookと、強力なマネタイズエンジンにユーザを流し込みたいspotify。

通常コミュニティサイトは5-7年サイクルで、ユーザの入れ替えが起き、栄枯盛衰の憂目にあう。

しかし、Facebookはインスタにせよ、膨大な時価総額とキャッシュフローをレバレッジして、M&Aでイノベーションのジレンマを超えていくのが見事。
音楽定額サービス世界一のSpotifyが、現在予定されているIPOで巨額の資金を調達したとしても、これ以上のブレイクスルーを果たすことのできる買収案件は正直ごく僅かでしょう。

そうなると、IPOではなくFacebook傘下に入ることで、一気に世界の音楽マーケットにおけるデファクトスタンダードを固めるというのは、非常に理にかなった戦略だと言えます。

同様の例としてはFacebook傘下に入ってから僅か3年でユーザー5億人を達成し、競合だったTwitterを完全に抜き去って世界シェアNO1となった
Instagramの例が挙げられます。

又M&Aの効果はマーケットシェアに止まりません。
例えばInstagramの場合、買収時の売上はほぼゼロでしたが、現在の売上は約2000億円です。
このようにFacebookとの連動でそのビジネスモデルが確立されたことも競合のTwitterに大きな差をつけた要因なのです。

音楽定額サービスの収益モデルの確立という意味でも、SpotifyとFacebookとのM&Aは大きな相乗効果が見込まれそうです。

つまり、成長戦略というと買収ばかりを考えてしまいがちですが、時として買収よりも、売却の方が企業の成長に寄与することがある訳ですね。

もし実現するなら、昨今の巨大ディールの中でも、特に注目すべき大ディールになることは間違いないでしょう。
相性は良さそう。ただ、今週の『The Economist』でも特集されていますが、フェイスブック、グーグル、アップル、アマゾンといったスーパースター企業の"世界市場独占化”が、本当に社会にとっていいのかは、議論が必要ですね。

http://www.economist.com/news/special-report/21707048-small-group-giant-companiessome-old-some-neware-once-again-dominating-global
またデカいディールを検討していること…WhatsAppの買収は218億ドルだった。ただ、記事に「事業拡大上の弱みがソーシャルネットワーク的要素が欠けていること」とあるが、シナジー含めて個人的にはよく分からない。
財務面や、スマホサービスの運用という部分でシナジーなどはあるかもしれないが、聞いた音楽を共有したり、ソーシャルグラフから音楽をお勧めされたいのか。自分の友達と音楽の興味が違ったり、流行っているものは「流行っている」ゆえにソーシャルグラフ以外からも取れるし、本当に音楽が好きでニッチな領域に興味がある人は既に自分なりの音楽の探し方があると思う。
FBは広告に収入を頼っているので、Amazonプレミアの様な有料課金に手を出したい筈。物販をしているAmazonやAppleは広告に頼らず、お客さんからカネが取れているが、FBはモノをコンスーマーには売れていないので、今のウェブサービスだけでは有料化には限界がある。なので、既に4000万人の有料課金ユーザーがいるspotifyを取り込んで、音楽聞き放題の有料FBプレミアをローンチし、そこから有料サービスメニューを拡充していくのは、極めて合理的な戦略に思える。
さすがに2兆円出してまで買収することはないと思うのですが・・・。

音楽ストリーミングサービス市場は、既に飽和状態だと思います。
それに、Facebookのユーザー無料という方針に反します。

何らかの形での提携というのならあり得るかも?
SpotifyとFacebookの組み合わせは凄そう。Apple Musicと対等に戦うというよりも、かなり先を行く策を取ることもできそう。
これが実現すればもはや勝負あった感じですね。

Facebookのメッセンジャーへの投資に関する記事でもコメントしましたが、モバイルユーザーの日常的なネイティヴapp利用数は一桁台前半。その利用頻度は国によって異なるものの、SNS、メッセンジャー、写真、動画、地図、音楽が上位を占める。モバイル時代のインターネットスペースのゲートウェイを目指すFacebookにとっては音楽のスペースを押さえるのは当然取るべき戦略だ。

一方のSpotifyについても、広告課金導入でフリーミアムモデルを模索しているが、ライバルのAmazonやAppleなどと異なり音楽配信オンリーの一本足打法は今後の成長性に正直疑問符がつく。ユニコーンスタートアップの中でも例外的な評価額を得ている同社だが、Facebook傘下へ入ることは、IPOでのexitよりも極めて理にかなった戦略と言えよう。

個人的にはTwitterに早い段階でInstagramとSpotifyを買収してもらいたかったが、Facebookが何枚も上手だったと認めざるを得ない。
ザッカーバーグCEOは先日のアフリカ訪問の前にイタリアでSpotifyのDaniel Ek氏の結婚式に参列していますね。

Bruno Mars and Mark Zuckerberg showed up at Spotify CEO Daniel Ek’s wedding
http://www.recode.net/2016/8/28/12681664/bruno-mars-mark-zuckerberg-daniel-ek-spotify-wedding

実際のどのような話になっているかは、当人しかわかりませんが、もし買収が実現すればお互いにシナジーのある事業体になることは間違えないと思います。
プラットフォームがプラットフォームを飲み込む世界。
ちなみに、spotify のバックエンドは、google。

http://googlecloudplatform-japan.blogspot.jp/2016/02/spotify-google-cloud-platform.html
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
75.9 兆円

業績