新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
例えばヤフーへの配信でマツダの記事は関連リンクに飛ぶCTRが異常に高い。マツダの事に感心がある人はもっとマツダの事を知りたいというエンゲージの強さがある(ヤフーニュースのコア読者にも関係するが)。その意味で加藤さんがおっしゃるブランドアイデンティティ戦略は成功していると思う。
問題はこれからの10年。マツダの規模を考えれば、今の製品・技術ポートフォリオでどの地域にメリハリをつけて攻略していくのかとても重要。マツダは電動化技術で弱い。国内でも電動車両の比率が高まるだろう。国内はそこそこでいいとう考えもあるが、ホーム市場でクルマが売れないと、日本中心の開発陣のメンタルにあまり良いこととは思わないのだが。
マツダのモノづくり革新と、「人馬一体」の開発姿勢を本日まで広島、山口で勉強しています。見た目の華やかさだけでなく、運転のしやすさ、同乗者が疲れないゼロベクタリング技術、また、毎年毎年、同じモデルでも改良を続けるエンジニアリング体制を直接見るにつけ、マツダは確実に変わっていることを実感できました。
マツダは息長くユーザーに支持されると思います。
https://mag-x.jp/2016/09/20/1734/
記事末尾の明さんのスバルとマツダの比較は興味深い。たしかにマツダのほうが「自動車好き男性(おじさんが大部分?)」に訴求しているのに対して、スバルの安全性というのはよりユニバーサルに訴求できる。とはいえ、ブランドアイデンティティがある領域、社内で共通体験からくる「思い」がある領域で勝負をかける(下記リンクも併せて)というのは、マツダの規模での経営戦略として正しかったとも思う。
https://newspicks.com/news/1786504?ref=user_100438
ファシリテーターの明さんの解説がとても面白かったです。個人的にはマツダは手が届きやすい価格でデザインが良いのが人気の理由だと理解していました。
女子の目線を取り入れるとまた違う層を取り込めて面白いと思います。価格は高くなく、オシャレで運転しやすければ軽自動車より普通車の方が良いという女性は多いと思います。
立て直すなどと威勢のいい古いタイトルが付いていますが、『マツダブランドの差別化はできているので低迷市場では手堅く粛々とファンを増やしたい』と読みましたが。威勢よくやるのは新興国でしょう!
国内販売は好調だと思い込んでいましたが、そういうことでもないのですね。

デザインこそ同社の大きな武器といっても過言ではありません。強い部分をひたすら注力して伸ばすという「選択と集中」で突き進んでもいいかもしれません。

生活者がマツダに求めているものは、他社と比較するものではない気がするんです。
マツダが進める「一括企画」が、ディーラーおよび消費者にとって、少々わかりづらい。マツダの思いが、上手く伝わっていない。
この点について、メディアを通じて、またマツダ本社に直接、意見申し上げている。
いまが、日本国内で、モデル端境期であるのは、事実。
その要因は、米向けSUVのCX-9と、中国向けのCX-4が、日本で未発売のため、第七世代まで「間が空いたように見える」から。
日系ビック3や、ダイハツ・スズキのような軽メーカーのように、日本仕向け専用車を持たないことが、いまいまでは裏目に。
こうした時期だからこそ、販売と製造とのかかわりについて、次世代の改革を進めるべき。
マツダにとっていまは、「良き正念場」だと思う。
マツダ車はかっこいいです。技術も一本骨がある感じで好きだなぁ 頑張ってー
ここが踏ん張り時。
特に最前線の販売店においては、数字欲しさの安易な値引きを我慢しないと、今のホンダのように「値引きしないと売れない」ブランドに没落してしまう。ブランド醸成の一時的な落ち込みだから、とにかく信じて我慢しよう!※元ホンダディーラー営業より
マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
6,160 億円

業績

株式会社 福原(ふくはら)は、道東の十勝・釧路・根室地方を中心に「フクハラ」などの屋号でスーパーマーケットを展開するアークスグループの企業。CGCグループに加盟している。 ウィキペディア