【横山×軍地】リーダーとして“天狗になっていた”私の転機

2016/9/18
AKB48グループの2代目総監督を務める横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する新連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回は、ファッション・クリエイティブ・ディレクター、雑誌編集者として活躍する軍地彩弓さん。ファッションの流行をどう生み出してきたのか、また女性をどのようにマネージメントするのか、などについて横山さんにレクチャー。
後編では、軍地さんが女性リーダーとして失敗した経験や、そこから得た学びについて話が展開した。
“女性の組織”が抱える難かしさ
横山 『GLAMOROUS』や『ViVi』は、どのくらいの人数で作っていたんですか?
軍地 編集者からスタイリストまで全部入れると、40~50人です。AKB48クラスの人数はいますよね。
私はディレクターとして企画のラインアップを決めて、それに合わせて「モデルの子は誰を使おう」「スタイリストは誰にしよう」と決めていました。
実は、私は学生時代から男の子が多い環境で育ってきたので、女性の集団は苦手でした。「おい、軍地!」みたいに、男扱いをされる環境の方がホッとするんです。
それがある日、『ViVi』に行った途端に、ほとんどが女性だったんですよ。カメラマンも女の子だったりするので。初めてロケバスに入った時に、女くさくて、「ウワーッ!」ってなりました(笑)。
この仕事は、女の子をちゃんとマネジメントしていかないと、何も回らない。一般的な意味でチームを束ねることも大事なんだけど、「誰々ちゃんと誰々ちゃんを組み合わせるとダメ」とか、「この子とあの子は、けんか中だから離さなきゃいけない」という、女の子同士で起きる諍いに対するケアが必要なんです。
中学生ぐらいの時の女の子の環境だなと感じましたね。どんな仕事も、女の子が集まれば、女子校の延長なんです。
横山 AKB48も同じだと思います。それを、まとめていらっしゃったんですよね。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に
軍地 でも、結構失敗した時代もあったんです。『ViVi』の頃に「軍地さんと仕事したくない」って言われたことがありました。