新着Pick
556Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ライセンス契約の思惑がわかりやすぐまとまった記事でした。新しいチャネルが増えた現代で、次は何が起きるでしょう。
人気 Picker
事情は様々なようですが、将来的にはライセンス契約の解消が多発すると考えています。

本稿にあったように、製品導入当初はその国の企業を代理店とするメリットがあります。
大きなメリットとして「販路」があり、国内の問屋や小売店とのつながりの強い代理店が強みを持っていました。

ところが、ネット販売が拡大すると店頭に置く必要がなくなる商品がたくさんあります。
例えば、ウイスキーやワインのような酒類やペットボトル飲料などは、持ち運ぶのが重いしまとめ買いができるのでネット販売の方が優位性があります。

こうなると、代理店の販売網に頼る必要はなくネット通販で販売コストを下げる方が有利です。

将来的には、有名ブランドであれば「いきなりネット販売のみ」で参入してくる可能性もあります。
三陽商会のように、有名ブランド依存度の高い会社は要注意でしょう。
ローカライズされたブランドは、それなりに時間と労力を掛けてパートナーが築いてくた側面もある。ブランドは築くのには時間がかかるが、壊すのも簡単。誰かが直接、引き取っても100%そのまま引き継げるものでもない側面もあり、成功がそのまま続かないこともある。また、パートナーも競合関係に変わってしまうこともあり、新たな競争環境を作ってしまうこともある。その上で、すべて経営の判断だ。
最近のブランド提携の打ち切りについてまとまっている記事。記事に触れられていない点としては、時代が変わったという点もあるだろう。これらは昔から日本で親しまれていたブランド。当時は交通・通信環境も発達しておらず、日本という国もよく分からない。だけど、日本はマーケットとしてアジアで巨大だから出たいから、提携をした。
一方で、現在は交通・通信環境も発達し、頻繁にコミュニケーションを取ったり他拠点から見ている場合もある。日本という国も昔ほど「分からない国」でなければ、アジアの中で中国などもっと大きいマーケットもある。
そして、ヤマザキナビスコの場合は、親会社のMondelezが元はKraft・Cadburyなどの再編から誕生した影響もあろうと思う。
ライセンス解消と言っても、各社各様で面白い。ヤマザキについては下記記事でコメントした通り、どちらが勝つかは今時点で見えていないところ
https://newspicks.com/news/1714381?ref=user_135228
本記事では、リッツなどは法人需要が大きいこと、実はモンテリーズはヤマザキ側がOEM生産を受けてもらえると思っていたが断ってきたのが誤算だった点などが初めて知るところで面白かったです
バーバリーは、低価格ラインを作ることである意味「ローカライズ」の成功例ということもできるが、見方を変えればグローバルブランドを毀損しているという見方も出来るということで、ここは解がないところだし、日本企業が海外展開していくうえでもいつも悩むところですね。成功すればするほど現地パートナーのコントロールはできなくなるというのは、逆の立場からすればよくある悩みということですので
なるほどー。でも日本市場はこれから縮小してくしね。こういう動きは加速するかもね
ライセンス解消の理由とその展望のまとめ。
イソジンはチャネル戦略の変更によるパートナーチェンジ。バーバリーはブランド戦略による戦略的経営判断。モンデリーズ(ナビスコ)は経営計画に従った企業戦略判断といえるだろうが、この三つの中で、モンデリーズが判断根拠も薄弱だし塾考されていない感が飛び抜けている。
ここに出ている事例で最もイタいのは『三陽商会』さん。

タフネゴシエーションに長けた方はいなかったのだろうか?案の定、同社の今の経営状態は深刻です。

あと個人的に注視しているのは、アンダーアーマー日本代理店のドーム社の行く末。今のうちから周到な準備をしていることでしょう。
沢口靖子さん効果は絶大。
もはやリッツではないのに違和感なし。
かつてより、日本は特別な市場、難しい、市場といわれ、ライセンサーとライセンシーの関係での契約により、日本国内にパートナーをみつけ委託することが主流であった。しかしながら、ブランドをグローバルで管理していきたいという思いがグローバルで管理したい、事業展開し、歴史がたてば、日本市場の理解もできるということで、こうした契約は解消される方向にあります。ヤマザキナビスコも三陽商会もある意味痛手ではありますが、遅かれ早かれこうした時期を迎えなければいけなかったと思いますからこれからが勝負です。
一般に合弁事業の方が単純なライセンスより、ブランドホールダーと日本企業の経営パートナーシップが強固になる。特にサザビーリーグはアニエスベーとスターバックスというフランとアメリカを代表するブランドで持分50/50の対等合弁事業をものにしてきた。そこには単純なビジネス関係を超えた、一種の恋愛感情や婚姻関係のごとき親密さと運命共同体の感覚がある。その関係がエモーショナルに強ければ、パートナーシップは永続するように感じる。

しかし実際にはアニエスベーは22年、スターバックスも20年で合弁事業を解消(=ライセンス契約を終了)した。

この貴重な体験を通してサザビーリーグの経営陣が学んだことは、「育ての親」としての期限付きの役割をどれだけ真摯にかつハッピーに遂行するかということだった。「育ての親」としてのブランドを確立すれば、次のグローバル候補が打診をしてくる(サザビーリーグでいえば、フライングタイガーやシェイクシャックななど)。この戦略を取る場合に注意すべきことは、ポートフォリオに占める売上・利益の比率を高め過ぎないことだ(特定のブランドに過度に依存するリスクを排除すること)。
ヤマザキビスケット株式会社(英文: YAMAZAKI-BISCUITS Co., Ltd.)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く、日本の製菓会社。2016年9月1日に「ヤマザキナビスコ株式会社(英文: YAMAZAKI-NABISCO Co., Ltd.)」から社名変更した。 ウィキペディア
株式会社三陽商会(さんようしょうかい)は、東京都新宿区に本社を置くアパレルメーカーである。販売網は百貨店が主体であり、自社ブランドに加え、海外の様々なブランドともライセンス契約を結び販売している。 ウィキペディア
時価総額
68.0 億円

業績

業績