【朝倉祐介】市場経済の中で、会社は、個人はどうあるべきか

2016/9/17
NewsPicksは、「NewsPicksサロン」と題したイベント企画を8月24日に実施した。

今回登壇したのは、プロピッカー・朝倉祐介氏。NewsPicksでの連載『論語と算盤と私』の書籍化を記念して、これまで経営者として考えてきたこと、投資家として考えていることなどについて語ってもらった。
『論語と算盤と私』が書籍化
みなさんこんにちは。朝倉祐介と申します。
昨年の5月から12月まで、私はNewsPicksで「 論語と算盤と私」という連載を続けていたのですが、おかげさまでこの連載が10月に 書籍化されることになりました。
本日はそれに関連したお話をしようと思います。よろしくお願いします。
前半は少し長めの自己紹介に充てたいと思います。
まずビジネスパーソンとしての経歴ですが、東京大学に在学していた2006年、友人数名と共に私はネイキッドテクノロジーという会社を創業しました。
当時、私たちのグループはソーシャルグラフを活用したマーケティングエンジンやコマースの研究を情報処理推進機構(IPA)の支援を受けて進めていたのですが、その成果を商用化できないかと考えたのです。
卒業後はマッキンゼーという経営コンサルティングの会社に入りました。そこで3年半ほど、コンサルタントとして各業界のプロジェクトに従事してきました。
朝倉祐介(あさくら・ゆうすけ)
スタンフォード大学客員研究員・ミクシィ前社長
1982年生まれ。騎手を目指して渡豪。その後、競走馬育成牧場の調教助手、東京大学、マッキンゼーを経て、自身が学生時代に起業したネイキッドテクノロジーに復帰し代表に就任。ミクシィに売却を機に入社、2013年より代表取締役社長。業績の回復を機に退任。2014年よりスタンフォード大学客員研究員
学ぶより実際にやったほうがいい
外資系のコンサルティングファームは、3年ほど働いたら転職するか、ビジネススクールに行くのがよくあるパターンです。当初は私もビジネススクールに行こうと考えており、オファーもいただいておりました。
ただ、ちょうど同じタイミングで創業に関わっていたネイキッドテクノロジーが資金調達をすることになりました。
ネイキッドテクノロジーに戻るように誘われ、どうしようかと考えました。そもそもビジネススクールで学びたかったことが起業に関することだったこともあり、机の上で学ぶよりも実際にやったほうがいいと判断して2010年に復帰しました。その後、代表を務めています。