新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
安定して、長期的に実績を出せるか注目です。
人気 Picker
手数料が比較的安いETFを選んでくれる分、良心的だと思います。

ただ、世界の市場環境は連動する傾向が強いので、ポートフォリオを組んでも、期待するほどはリスク軽減にはつながりにくいと思います。
為替変動も関わってきますし。

例えば、米国株三指数連動ETFと日経とTOPIX連動ETFを組み合わせると、株価としては米国が好調ですが円安になっているので円換算するとさほどでもありません。
ユーロも似たようなところがあるでしょう。
新興国通過は勇気がいります。

もっとも、米国株が上がったところで売ってドルで保有し円安になるのを待って円転。
円安で上昇している日本株ETFを買うというスタイルであれば・・・いいのでしょうかねえ?
荘司先生のご指摘の通りだと思います。ITバブル以降は国内外の各アセットクラスの相関が高まりポートフォリオによるリスク低減効果が減っています。

しかし例外は円です。円は世界的にリスクオフの局面で買われて円高になるという特殊な通貨となっており、米国株などと逆相関する性質を利用できるのが日本人に与えられた特権かと思われます。

例えば平時は円貯金にはげみリスクオフ局面で世界的に株安で円高となり、割高になっている円を売って割安になっている米ドルに両替して値下がっているVOOなどのアメリカSP500指数連動ETFを買い込んでおき、リスクオン局面で値戻りし世界的に株高、円安となったらVOOを売って割高になった米ドルを売って割安になってる円を買うというのはすごく効率的に思います。

仮にsp500がリスクオフ局面で20%値下がりしてリスクオン局面で元に戻ったとします。そのときアメリカ人が底値で仕込めたとしてもキャピタルゲインは20%に過ぎません。しかしそこで為替も動くので、日本人が米ドル円90円で仕込み110円で売ったとすると為替差益の約20%が上乗せされるため20%×20%=40%の投資効率となります。

もちろんリスクオン局面では円安なので海外旅行にいくなら損ですが国内で使う分にはなにもしないで円でホールドした場合より40%多めにお金を使うことができます。

日本に生まれて良かったです。
大手地銀系VCが軒を連ねる。調達資金の使途として『新規顧客層の開拓に加え、金融機関向けOEMモデルの開発強化』とある。ようは規模がこのモデルには一定必要で、それを地銀が提供する代わりに手数料を山分けしましょうということ。販売することは簡単ではないし、投信ビジネスにおいて販路は重要(だからあれだけ販売手数料を取られるのに手を組むともいえる)。なので全てを否定するわけではないしビジネス上の必要性も分かるものの、個人的に受益者メリットにつながっているのかは、過去にも①・②同様の提携でコメントしてきたように否定的。
https://newspicks.com/news/1007408?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/589842?ref=user_100438
個人でアクティブ運用ができる人には意味が薄いかも知れませんが、ラップ口座などと比べると遥かに手軽に始めれるのは大きな利点ですね。

グローバルなインデックスへの投資は、統計的に中長期では安定的な収益が見込めますから、これから投資を始める若い方には最適ではないでしょうか。

私も仕事柄株式へのアクティブ投資ができないということもあり、応援の意味も込めて最近新しく口座を作って見ました。
新しい分野なので一朝一夕で、最適化されたアルゴリズムを構築できないでしょうがフィンテックはまだまだこれからの分野なので、頑張ってほしいと思います。
有望領域には複数のプレイヤーが誕生、成長するが、誰が勝つかは、経営陣の経営力で決まる。過去やデータではなく、経営陣にかけるのがベンチャーキャピタルという仕事の醍醐味。ときには狂気な面すらある
今後、続々とこの手のサービスが登場する。どこまで差別化できるかがポイント。ETFのみの運用対象で果たして市場以上の成果を上げられるのか?顧客属性を単なる9種類のアンケートで把握することが可能か?リーマン級の金融危機に対応できるのか? etc. ETFの運用手数料、為替取引手数料、それに残高に1%でネットの投資家手数料はいくらかな?
色々コメントにありますが結局最大のリスクヘッジはストックよりもフローで稼げという事でしょうか。

とはいえこの調達額は期待も含めてなかなか大きい金額ですね。
THEOのポートフォリオには株式ETFのみならず、債権ETFや実物資産ETFも組み込まれますので、地域だけでなくアセットクラスでも分散されます。

今回のように、スタートアップが既存ビジネスを破壊するのではなく、お互いの強みを組み合わせてより良いものを提供していくというアプローチは、ある意味日本的とも言えます。今後、金融に限らず様々な業界でスタートアップと大企業の連携が進むでしょう。
おめでとうございますでゲソ!フィンテックのスピード感はケタ違いでゲソね。。。経営チームが半端じゃないのもあるでゲソが。ちなコメント欄が勉強になったでゲソ。
ETFだけ組み合わせられてもなぁ。不動産と債権も取り入れてほしい。もちろん全てINDEXで。