新着Pick
320Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
孫さんのスケジュールは超過密です。ただその動きを見ていると、朧げながらに、次は何に向かっているのか見えてきそうです。

ソフトバンクは日本で数少ない、IoT時代を見据えることできる会社だと思います。来月10月には、彼らがそこでどんなビジネスを展開しようとしているのか、ARMとIoTを深掘りする連載を予定しています。

「孫正義のアタマの中」のシーズン2、ぜひまたお付き合いくださいm(_ _)m
先日、上場企業でIRをしている役員の方が、資本市場との向き合い方というテーマで、海外の長期重視の機関投資家ほど、「今の社長の時間の使い方」を聞いてくる、と言っており、なるほどと思いました。確かに中期の会社の方向性を考える上で社長が何に関心をもち何に時間を使うかは一番分かりやすい指標ですよね
自分はやったことはないですが、コンサルティングプロジェクトでも社長や役員の時間の使い方を可視化して「やるべきことに全然時間を使えてないじゃないですか!」という方向にもっていく、というやり方は結構一般的のようです
「トップのスケジュール」で会社の将来を検証する。面白い考え方です。
神輿に乗って何となくなった社長だと、スケジュールに本人の意思は殆ど入らず、部下が勝手にアポを入れていくが、孫さんのように「意識」のあるリーダーの場合は、スケジュールに自分の意思と中長期のビジョンに連動したアポが明確に入る。1度SBの中期計画と孫さんの予定表を比較して、何割が今の事業で何割が将来ビジョン関連か見てみたい。トップのスケジュールで企業の活性度が測定出来るかも。
でも1番素晴らしいのは、トップが飛び回って交渉したり、話をつける事を、ちゃんと実務でサポートしてくれるNo2,No3がいる事。ここがしっかりしていないと、トップは単なる猿回しで終わってしまう。
次の連載、もう企画は決まってるんだろうが、いつかNo2,No3の仕事術にもスポットを当ててもらえると嬉しい。SBマネジメントの全体像が見えて、すごく勉強になる。
うちの上司と飲んでた時、「自分が仮にソフトバンクの顧問だったとしたら、ARMを買収する、なんて発想は全くなかったから、こんな進言はできなかったと思う。やっぱり孫さんの見ている世界はずっと壮大だね」と白旗を上げていたのは印象的でした。

孫さんには我々庶民には見えない何かが見えているんでしょうね、将来のビジネスについてのブループリントが。
リーダーシップとは「大切にすべきことを大切にする」という側面があると思いますが、そもそもリーダーシップを発揮しているか、そしてどのようなリーダーシップを発揮しようとしているかについては、その人のスケジュールを見ると分かることが多いです。

リーダーシップを発揮していない人は、そもそも自分のスケジュールに対して受身です。リーダーシップを発揮している人は自らのビジョンから遡ってプライオリティを決め、スケジュールを主体的にコントロールしていきます。

そして、そのリーダーが大切にしていることは、実際に何に時間を使っているかに表れます。例えば、GEのイメルトは自分の時間の1/3を「人材育成」に使っていると言います。本記事を読む限り、孫さんは未来のための「事業投資・提携」に時間を使っているようです。
本気で世界を変えるべく世界中を飛び回っている。ただ、米国と違ってスケールの大きい起業家の世代交代が出来ていない。若い世代がもっと頑張らないといけないということだ。
ソフトバンクの側近ですら、孫さんの詳細スケジュールは把握できないとのことですが、壮大なビジョンが伝わっているから、まわりは意図を汲み取り、適切な仕事ができるのだろうと思います。

孫さんは投資家でもあり、経営者でもある。投資家として未来に必要なテクノロジーを手に入れ、経営者として様々な人々とつながりビジネスモデルを形作る。この孫さんの2面性もソフトバンクの組織内では理解され、優秀なNo.2人材が常に孫さんの無茶振りに対して準備をしている。

これがソフトバンクの強さなのだと連載を読んでいて感じます。
社長のスケジュールからその会社の考えることを知る、これは素晴らしい視点、記事としての目の付け所が面白く、あっという間に読んでしまいました。

ソフトバンクの2016のQ1の決算プレゼンテーションの資料も眺めながら、この記事を読むのも面白いです。
http://cdn.softbank.jp/en/corp/set/data/irinfo/presentations/results/pdf/2016/softbank_presentation_2016_001.pdf

9/7アメリカにいて、9/9日本のソフトバンクアカデミーにいたということは休みもなく分刻み、恐らくプライベートジェットで移動、その中で仕事も、体力がないとできない仕事。

有名な会社であれば社長が出没している会議、イベントなど分かる限りの情報を並べてみると、その会社の動き、はたまた株として買うべき会社なのか、ということが分析できるかもしれないな、と記事を読みながらふと考えてました。
パイプを敷いてそこに様々な人を載せていく話は非常に面白いですね。この考え方は中々日本の起業家の中からは生まれない考え方なのですごく勉強になります。この連載は非常に楽しみですね。
足を使っているのが分かる、とても丁寧な連載でした。ありがとうございました。
この連載について
英ARMを買収したソフトバンクグループ創業者の孫正義は、60歳を目前にして、さらなる進化を遂げようとしている。時に夢想家であり、時に冷静に収益と数字を求める事業家であり、時に感情をむき出しにする稀代の経営者の実像を、シリーズごとに描いてゆく。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.1 兆円

業績