新着Pick
1619Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksによる3年前の単独インタビューで、前澤さんは「もし誰かの下で働くなら孫さんだ」と語ってくれていました。孫正義と一緒にお風呂に浸かって語り合ったこと、かつて一緒にアパレルECで中国マーケットを目指したこと、2人の経営者の共通点など、いま読み返したいexclusiveなインタビュー記事です。
就職経験のない僕ですが、もし誰かの下で働くなら、絶対に孫さんです。そう思える唯一の経営者です。
あのビルの屋上にある「迎賓館」はほんとになんでもあります。すごいです
前澤さんほどのスケール感の傑物をも圧倒する孫さん。天才経営者の間でしか共有できない世界があるのでしょう。
ところでこのお風呂の話ですが、前澤さんご本人から直接お聞きしたことがあります。
都心のオフィスに風呂があること以上に、孫さんが全く前を隠さないというくだりをとても楽しそうにお話されていた。
イノヴェイション。
1番面白かったのは、SB本社のVIP室に風呂がある事。
事業関係者のトップと、如何に早く、深い信頼関係を作るかは、永遠の悩み。古くから「飲む打つ買う」が言われるが、「打つ」はゴルフだけ、「買う」は当然御法度。となると残りは「飲む」しか無いんだが、やり過ぎは命を削る。
その意味で、一緒に裸で風呂に浸かるは究極のコミュニケーションだと思う。
孫さんの「人たらし」能力は豊臣秀吉並みかも知れない。
ZOZOTOWN香港が撤退した理由は価格だけだったのだろうか。ファッション系の越境EC(ないし日本アパレルの海外販売)を考える上で、ZOZOTOWNほどの企業でうまく行かなかったということは、重要な事例なので深く知りたいたころ。

最近だと香港人は国内旅行ののりで日本に年間数回くる人たちがいくらでもいるので、そのときにまとめて買ったりするのか、季節の違いなど在庫サイクルの違いなど、価格のミスマッチ以外にも様々気になる点がある。

香港より距離のあるシンガポールやバンコクからでも、年間数回は日本に行くという人は珍しくない。

(※注:本コメントは本記事が最初に公開された2016年8月当時のものです)
あの本社ビルに湯船があったとは!

孫さんは汐留から自宅へ帰らずオフィスで一夜を過ごすことが多いのでしょうか。屋上階の社食でたまに顔を見かけていたなぁ。(普通に社員と溶け込んで、ご飯を食べていました)
孫正義さんと前澤友作さんの出会い、そして共鳴しあっていく過程が実に魅力的だ。ソフトバンクの理念は『情報革命で人々を幸せに』だが、孫さんがペッパーを「感情をもつロボット」にすることに本気でこだわるところを見て、この人は本当に「情報革命で人々を幸せに」したいのだと感じた。いっぽう前澤さんが『世界平和』を本気でビジョンとして掲げていることをNPの連続記事で実感できた。世代の違う2人の傑出した創業者が、共に人々の幸福と安寧を願っている。これは僕らにたくさんの示唆と勇気を与えてくれる。
ZOZOの中国進出がアリババとソフトバンクの支援もありながら失敗した経緯のところが一番知りたかったのに(そこが孫さんと前澤さんのやりとりで気になるところだったのに)割愛されてて残念。
孫さんと数回しか会った事ない人の話より、身近な側近たちの話や昔に買収された会社の社長とか、孫さんともっと長く一緒に働いてる人の話が聞きたかった。
初対面の日に湯船で語る人が、ここにもいるとは!弊社でも伝説になっているエピソードがあるが、それも結果として大成功となった。
お互いの相性からくる距離感の詰め方の心地良さ・悪さあると思う。でもやはり食事とかスポーツとかカラオケとか、こういったほうがスキルではなくどういう人なのかは見れると思う。
この連載について
英ARMを買収したソフトバンクグループ創業者の孫正義は、60歳を目前にして、さらなる進化を遂げようとしている。時に夢想家であり、時に冷静に収益と数字を求める事業家であり、時に感情をむき出しにする稀代の経営者の実像を、シリーズごとに描いてゆく。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.6 兆円

業績

株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
7,791 億円

業績