新着Pick
621Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
一つ一つ実績を積み上げて欲しいです。下手に担ぎ上げられると、その良さが消えてしまいます。
人気 Picker
地方創生で一緒に宮城県の桃浦の牡蠣加工場を視察した時、地元の皆さんが手を振って私達のバスを見送ってくれた。私は早速次の訪問先の資料に目を落とすと、小泉さんは横でいつまでも窓から手を振っていた。私が「そろそろいいんじゃない。」と言うと、小泉さんは「皆さんが手を振ってるからやめられないんです。」と。さらに私が「小泉さんが手を振るの止めないから、あちらもやめられないんじゃないの。(笑)」と言うと、「そうかもしれませんね。」と笑って返した。結局、その後もみんなが見えなくなるまで小泉さんはずっと手を振っていた。演技でも計算でもなく、根っからこういう人なんだな、小泉さんはとその時思った。彼の人気の本質は「まごころ」だろう。見習いたい。
何度かご本人に会う機会がありました。想像以上にまっすぐな方です。そして慎重で頭がいいなと思います。
当然、自分が首相になる時期を見ていろいろ構想を練っているのだと思います。
今日本を本当に変えたければ、それは野党ではなく、若手自民党しか期待出来ないのではないかと。

金泉氏の言う通り、オリンピック以降の老害がいなくなる2021年以降に彼の本領が発揮されるのでしょう。

それまでは、大臣も受けないのではないかと。夜、ほとんど会合には出ず、党内政治よりも友人との関係をきちんと築いている方です。

期待しております。
選挙のために、政治家やっている人が多すぎます。
「票集めのために回っているんじゃなくて、
ひとりひとりの声を聞くために回るんだ」
当たり前ですが、現在の政治家が見落としている点かもしれません。
小泉進次郎議員「政治っていうのは簡単。困っている人を助ける。それが政治なんですね」、頑張って欲しいと思います。
Ogataさんの意見に同意。自民党を出るのではなく、自民党を中から変えていって欲しいし、それができる人物だと思います。だからこそ、安倍さんは自民党農林部会長という利権で凝り固まった組織のトップに据え、あえて厳しい現場を任せているんだと思います。
トークセッションのスピーカーとして一緒に登壇させて頂いたときのこと。名刺交換の際に、もちろんこちらは存じ上げているものの、「山野さんですね。今日宜しくお願いします」とハリのある声でしっかりと目を見てご挨拶いただき、引き込まれそうになりました。そればかりか、当社のこと、私のことを事前に調べて下さっており、知っている前提でいくつか質問して下さったことにも驚きました。平議員のコメント同様にまごころのある方だと思いました。
勝手な期待はしてますが、実際問題としては彼がどこで政治家として勝負すべきなのはよくわからないところではありますね
理想的には全て突破して実績を作ってきてくれれば素晴らしいとは思いますが、若いうちは特にケチが付きがち
例えば今の農政もどこまで攻めるべきかというのは正直わからない
途中で潰されてしまうなら、もう少し裏表両面での影響力をつけてから勝負した方がいいんだろうなあ、というのも思いながら、それでも期待させる何かがあるのが彼のカリスマ性なんてしょうね
「大衆」ではなく「市民」と呼べないのかな。
そうか、市民という概念がないのか。
自民党を飛び出すのはハードルが高いだろう。これまで飛び出して成功した例はない。自民党を改革することの方が重要だと思う。父親が出来なかったことを成し遂げられるかどうか、世間は見ている。
小泉進次郎氏が自民党の主流派とは異なった発言をしても、その進次郎氏を潰したりせず、党の人気と支持に活用している自民党は賢い。
政策の違いが派閥を生み、派閥の対立が党勢を削ぐという残念なプロセスになってしまっている民進党とは、この点が対照的。

現政権から次世代の進次郎氏にスムーズにバトンタッチがなされると、自民党と民進党の党勢の逆転は難しいであろう。