新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シン・ゴジラは2度見た。一度目はストーリーと人物像を追い、二度目はそれぞれのシーンを考察しながら。

何度も何度も3.11がフラッシュバックしてきた。時に汗が止まらなくなったが、それでも、今だから落ち着いて見られたんだと思う。

「担当部署は使えない」という表現はやや誤解を生むかも知れない。危機管理に関わる部署には、予め対応できる官僚を置くべきなのだが、実際に機能すると限らない。本当の危機の時は、必要な人材を抜擢すべきという意味。
福島第一原発の6つの原子炉のうち、1号炉から5号炉までがアメリカの巨大メーカーGEの作った「マークワン」と呼ばれる有名な欠陥炉で、アメリカの政府機関NRC(核規制委員会)や、巨大メーカーのGEの技術者が1970年代~80年代から「緊急事態に水素爆発が起きやすい」という懸念を表明していた、という文献が残っています。

そんなわけで、サンフランシスコ大地震やロサンゼルス大地震が繰り返されてきた西海岸にはただの一基も置かれなくなった、と。置けるのは、地震がほとんど起きないと言われているワシントンDCやニューヨークのある東海岸やアメリカ大陸の中央部だけ、とか。

それを地震国の日本に売りつけた国や会社もどうかしてますが、そんな欠陥原子炉を買った日本や東電も信じられません。これを導入したのは自民党なので、民主党政権以前の問題ですが、本当に国家的な故意過失があったと言っていいと思います。

もしも福島第一原発の原子炉がすべて国産炉だったら、ここまで過酷な事故になっていない可能性が高い、と専門家が指摘しているのを聞くと、本当に腹立たしい限りです。
昨日、観てみたが、シンゴジラのシンは、新、真、神もあるが、震、であり、元は近い。
フクシマであり、相模湾の直下地震、であり、北朝鮮であり、そういう驚異やリスク、の総てを象徴している。

小池百合子が、アドバイスをしており、あの防衛大臣は、それを意識していると思った。また、化学産業と車両は、日本が強い産業を象徴?
ちょっと官僚を美化しているように思った、残念ながら、官僚はそれほどもう全体を把握していないように思う。どんどん、グローバル化が進んでおり、それに対応していない。
問題にたいし、政治と官と国内、あと米だけで、解決しようとしているが、その発想がもはや古い。
>官僚も政治家も言えるのだけど、平時と有事で、向いている人は種類が違います。
腰が引ける人はダメです。腰はひけないけど、アワワワとなるのも向かない。それをクリアして、腹を据えられるか。この2つの資質が必要です。

細野さんの言葉はおっしゃる通りだと思います。

だからこそ思うのですが、なぜ民進党の代表選に自ら立たなかったのか、本当にもどかしく思います。
民進党は二大政党の一方として存続できるか、今まさに瀬戸際にあります。
民進党にとっては今が有事ではないのですか?

安倍首相には手も足もでないので、とりあえず国民受けしそうなビジュアルやパフォーマンスで代表を立てて、敵失を待ち、裏からグループと称する派閥が操るという構図は、それこそ平時のあり方だと思います。

有事を有事だと思っていないから、蓮舫さんの二重国籍問題のような杜撰なことになるのです。

有事とはゴジラや原発事故のようなはっきりと目に見えるものだけではありません。
今そこにある危機こそ、本当に直面すべき有事なのです。
この危機の文脈で、イーロン・マスクが出てくるとは思いませんでした。

特集は、これで終わりです。ありがとうございました!
田中角栄とイーロン・マスクを重ねる描写は興味深い。危機管理においても、各種専門家とビジョナリー(visionary)の柔軟な組み合わせという発想が大事だと思わせる対談内容だ。ビジョナリーもビジョンを描ける特別な人ということでなく、ビジョンを描く専門家と捉えた方が良いかもしれない。
以下のような面も含めて、民主党の失敗の研究を徹底的にやると、民進党は新たな一歩を進めそうな気がします。まずは失敗を総括してほしい。

(官僚に対し)しょうもない偏差値競争をしないことです。その点ではかなわないんだから、どう考えても。民主党政権が悪かったのは、どっちがよく知っているか、で勝負しようとした。これがダメなんです。
真山氏が書かれている『我々が書くようなフィクションを書く者が、プロフェッショナルをかっこよく見せるのも大事です。』というのはそう思う。どういった仕事をしたいか、最初は憧れからはじまることは少なくない。憧れだから全体像が見えていない、でもいざぶち込まれればやらざるをえない。脱落する人もいるが、残る人もいて、残った結果として肝っ玉が据わる。ハゲタカ読んで投資銀行に就職したけど「地獄です」というのはあるあるだと思う。でもどんな仕事も地獄はあるし、逃げられない中で越えてこその自信がそれではじめて生まれるプロセスでもあろう。
あと、下記の民主党政権時代の反省も、その通りだと思う。上編で「何でも反対の野党」というところを引用して言及したが、対立構造ではなく国民へのメリットを軸とした議論に転換しない限り、未来はないと思う。
『もう1つは、(官僚に対し)しょうもない偏差値競争をしないことです。その点ではかなわないんだから、どう考えても。民主党政権が悪かったのは、どっちがよく知っているか、で勝負しようとした。これがダメなんです。』
頭いいやつは官僚にならんでほしいな
日本という国規模が大きいので、同じレベルで比較することが正しいかどうかわかりませんが、危機管理という面では非常に遅れていると感じることはよくあります。

自分も海外の人とやりとりすることは多いのですが、特にユダヤ系の民族など、世界から常に迫害され続けた人たちの危機意識は私たちが考える物とは比べ物になりません。

彼らと話をしていると、一人一人が国家だという意識を持っているため、自分自身に対するリスクが常に何なのかを理解し、そのリスクを把握する仕組みとして世界中にネットワークを気づいています。

もちろん日本でも素晴らしい外交の方などはいらっしゃると思いますが、危機意識の感覚が海外の人たちと全く違うなと連載を通じて感じたので、この辺りは政府だけでなく、個人でも意識していく必要があります。
この連載について
興行収入が53億円を超え、大ヒット中の映画「シン・ゴジラ」。人気の理由には、ゴジラ映画としての完成度はもちろん、政権中枢を担う政治家や官僚の組織と人間模様を描いた徹底的なリアリティにもある。日本に「ゴジラ級」の災難が訪れたら、この国は本当に対応できるのか。北朝鮮に中国、原発、サイバーテロ、財政破綻……。ゴジラを日本が対峙する「危機」の象徴として捉え、日本の危機対応を徹底的に問う。