新着Pick
162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Yahoo! Japanは最大の収益源の広告収入が2015年度は対前年比一桁%とかつての二桁成長の面影はない。特にトラの子の検索広告事業は、デスクトップPCの検索数増大の鈍化と、モバイル上の検索がGoogleやTwitterに流れていることもあり、今後の高い成長はもはや望み薄の状況だ。
最近は企業買収に頼った成長となっているのは事実で、いまや事業規模拡大の手立ては、国内他事業を買収か、海外市場進出しかない状況となっている。
Yahoo! Japanの本当の狙いは不明だが、彼らが米Yahoo! Inc.との合併に関心を示すのは自然な成り行きのような気がする。しかし、結局は条件が折り合わず断念したということだが、それは冷静に米Yahoo! Inc.の価値を見極めた上での賢明な判断だったように思う。
ともあれ、この事実は、20年のもの間、日本のインターネットメディア業界に君臨してきたYahoo! Japanですら低成長の危機に直面している事実を改めて思い起こさせてくれる。
なるほどなぁ、やっぱり日本ヤフーも米Yahoo!を何とかしようと動いてたんですね。
個人的にもこれは実現してほしかったシナリオ。
日本のヤフーにとっての1番の難題は、日本を代表するネット企業なのに、米Yahoo!本社との関係もあってアジアとかの海外展開が難しいところにある気がします。
もともとアメリカの企業の子会社なんだから当然だろ、という話ではあるんですが、もはや世界で一番成功したヤフーなのは間違いなく。ある意味米Yahoo!とは違う会社なので、そのエネルギーとかノウハウをメルカリとか楽天とかスマニューのように海外展開につなげることができれば、もっと面白い展開もありえると思うんですよね。
そうすればYahoo!の社員の人達の視線ももっと外向きになると思うし、イノベーションももっと世界を見据える形で起こせると思うわけです。日本のネット業界にも間違いなく良い刺激になると思うんですよね。
そう考えると、あらためてこの合併が実現しなかったのは個人的には非常に残念です。
自社の35.5%を保有する米ヤフーが他社に買収されるのを防ぎたかったのでしょう。
利益剰余金が8,000億円超あるから、新株主は35.5%持ったら、まず徹底的に配当させるでしょうね。SBも異論はないのでは?
これは是非実現して欲しかった。真にJAPANのインターネットサービスが世界を騒がせるかもしれないという期待が膨らむ座組だったし、そのチャレンジを見たかった。残念。
日本側が米ヤフーと合併することのメリットって何があるんだろう。
個人的には、Verizonに買収されてよかったんじゃないかなと思います。
むこうに36%握られたまま、人のところに行く状態を解消したいが、買収するほど突っ込むつもりはない、くらいの感じだったのかな。
Alibaba合わせてではなく、Yahooの事業部分を買収しようとしていた、と。ブランドの使用権に関してはそうすると安泰。なお、ヤフーの時価総額は約2.4兆円、本家の事業自体の価値は遥かに超えている。
YahooJAPANの危機感が感じられる記事です。
GoogleのAdWords広告は、世界のビッグデータを保有し、次から次へと新機能が実装される。一方でYahooJAPANは、Googleの動きを後から追うしかない。

また、Facebook、Instagram、LINEなどのSNSが「検索エンジンで調べる」という行為を奪い始めている。

海外進出への制約をどのように乗り越えていくか?
これは、直近のYahooJAPANにとって大きな問いなのだろうな。
実現してほしい話でしたね。。通信とインターネット、もちろんシナジー大きいですが、日本のYahooは様々なエネルギッシュな事業展開をして、変革しているので、日本が対等合併すれば、面白い展開できてたのかと思います。スプリントとの通信融合もできるし
日本のYahooとUSのYahooが統合するシナリオは期待してたけど、マリッサが売ることを強く希望していたからこういう結果になったんだろうな

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.18 兆円

業績