新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

610Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
・アイデア=バイアスを構造化した時の空白地帯
・「いいアイデア」=空白地帯を何階層も掘り下げたときに見つかるもの
・さらなる空白地帯を探していく先に「面白いアイデア」があると信じること

なるほど!
アイデアを考えるという漠然とした行為を、ここまでわかりやすく、論理的に説明してもらえると、凡人にとっては大助かりです。

この記事では振れられていませんが、
濱口さんが提唱されている、左脳と右脳をバランス良く活用したハイブリッド思考=ストラクチャード・ケイオスモードについてご紹介します。
※明日以降に出てくるかもしれませんが・・・

参考:最も創造性が高い思考のモードは、論理と直感の間にある
【特別対談】濱口秀司×ちきりん(1)
http://diamond.jp/articles/-/74287

要約すると、論理思考と非論理思考を組み合わせて考えると、創造性が高まり、アイデアが出しやすくなるということ。

自分は、バイアスモデルと合わせて、ストラクチャード・ケイオスモードに入ることを意識するようにしています。

(例)
①右脳=ケイオスモードに入るために
直感でアイデアを出す、ポンチ絵でストーリーを描くwith手書きノートと万年筆

②左脳=ストラクチャードモードに入るために
数字で考える、ロジックツリーを描く、Whyを問いまくるwithマインドマップソフトorExcel

①ケイオスモードと②ストラクチャードモードを往復しながら、空白地帯を探し続ける作業を繰り返しています。

アイデアを出すためには、自分の思考モードを切り替えることが大切。
いつでも創造的な思考モードになるためには、日々トレーニングが必要です。

1時間ならまだしも、1週間アイデアを出すために空白地帯を探し続けるためには、知的体力が必要。。まだまだ修行が足らないので頑張ろうと思います!
直感とロジックのいいとこ取りという発想は重要。私は、若い時に直感を否定してロジカルであろうとしていた時代があった。あるきっかけから直感を正面から肯定するようになって、判断力や創造力が向上したと思う。
 そのきっかけは小林秀雄が、やはり直感と分析を両方使うことの重要性を説いているのを聞いたときである。しかも、直感が先で、その後で分析になるという。この順序は、時間に過去から未来への向きがあるように変えられないといいきっていた。これが転機だった。羽生さんもいい手は直感的に一瞬で浮かび、その後に分析を行うことを発言していた。ロジカルシンキングという言葉に惑わされないことが重要だ。
「ロジックと直感のいいとこ取り」まさに同感です。
ちなみに、システム1が司る直感力は、システム2によるロジカル シンキングの集積によって強化されます。
従って、日頃から論理的にモノを考える努力積み重ねていく努力が、理性的直感力を養ってくれるわけです。
論理的思考に長けた人の直感は、単なる絵空事ではなく、見えないロジックに支えられた「有力な仮説」です。
確かに1週間アイデアを考え続けるのは難しいですね。5分で着想したものを、いかに深めていくか。

加えて、いかに時間を確保するかが仕事上では鍵になりそうです。どうしてもタスクに追われてアイデアを深める時間がとりにくい。そのため普通は途中で諦めてしまうところを、信じて考え抜くことがブレークスルーになっていくのでしょうね。

バイアスの崩し方は、何度もトレーニングしていけば徐々に思考を作っていけそうなので、早速チャレンジしてみます。
「空白地帯にも、必ずアイデアが潜んでいる」ということを示すため、セミナーで行っている演出について話す濱口氏。そのやりとりが目に浮かぶようです。確かに「絶対あるんだ」と言われれば、それを前提として脳が考え出すかもしれません。
「イノベーションはアイデアを着想するだけでは生まれません。人々にわかりやすく伝えるマーケティングの要素も不可欠なのです。」ってところ、意外と見落とされがち。その場でおもしろいことができればおっけーだと思っている企業の方も多い。やったことが適切に多くの人に認知されないと意味がない。

アイデアを考えて行く時、発散と収束をいかにゆるくコントロールできるのかが一つポイントのように考えています。ロジックと直感の中間的な方法論はそれにとてもマッチするのだなぁ。読んでみて、試してみて、また読んで…と、小さい実験を繰り返したい。
「信じる」ことは重要だと思う。ただ、こうやって出てきたアイディアが「当たっている確率」は肌感覚どれくらいなのかが気になる。当たっている確率によって、どういう場面で使うべき手法かが変わってくると思う。
たしかに!

>「5分でアイデアを作れ」と言われれば、誰しも簡単に着想できます。しかし、「1週間でアイデアを作れ」と言われても、5分で作ったアイデアから深化させていくのは難しい。人間は、1つのことを考え続けることができないのです。
昨日も何人かの方がおっしゃっていましたが、肝はやはり"軸"の考え方ですよね。

軸の鋭さと納得感の高さがポイント。
センス(感性)とロジック(論理)の関係を僕に教えてくれたのは、サザビー(現サザビーリーグ)創業者の鈴木陸三さんだった。専門家取材や調査に基づいてロジックを積上げて作ったスターバックスの日本参入計画は「成功しない」だった。ところが陸三さんは、スターバックスのペーパーカップをつかみ、それを僕の目の前に突き出し「これがカッコイイんだよ」と一言だけ告げた。
それは天啓のような効果があった。1994年冬のシアトル視察で見かけた早朝のダウンタウンのスターバックス店舗。人々が次々と好みの飲み物をオーダーし、ペーパーカップを片手に広い歩道を闊歩し、それぞれのオフィスに向かう。その様子は確かに粋でカッコよかった。僕はコーヒーの専門家の意見などに影響され、このブランドは新しい、まったく違う「何か」があるという感覚に封印をしていた。しかし「自分のセンスを信じろ」と陸三さんに示唆されて、すべてが変わった。すると成功の方程式(採算性の取れるビジネスモデルとマーケティングプラン=ロジック)がするすると浮かんできた。
もしあのとき、ロジックのみに偏り、スターバックス事業にネガティブな結論を出していたらどうなっていただろう。自分のセンスを信じ、ポジティブな可能性に賭けると決めると、仕事がとても楽しくなった。そして日本のスターバックスは17年後に1000店舗を超えるまでに成長した。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。