新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

915Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
濱口さんの思考法は、いつも参考にさせて頂いています!
すごく楽しみな連載。

濱口さんの方法論を簡単に整理すると、
①アイデアを出す→②アイデアの背景にある要素を出す→③その要素をもとに軸をつくる→④軸をもとにアイデアを構造化する(基本はマトリックス)→⑤アイデアの空白地帯を見つける→⑥空白地帯のアイデアが「議論を生む」「実現可能」「見たこと聞いたことがない」の3条件を満たしているかチェックする

上記のように解釈しています。

アイデアの空白地帯を見つけることより、アイデアを構造化する際に「軸」を見つけることが難しい。逆に、構造化ができれば空白地帯は見えてくる。これはトレーニングが必要なので、仕事中はひたすらマトリックスを描き、アイデアを構造化するようにしています。

今回の連載で、もう一度復習させて頂こうと思います!

(参考動画)
濱口さんのTEDは超オススメです。
・Think Wrong -- コンセプトクリエイションの手法
https://www.youtube.com/watch?v=nXXy_Ln3E9M

Break the bias: Hideshi Hamaguchi at TEDxPortland 2012(英語)
https://www.youtube.com/watch?v=6g2pMOYmyoQ

追記
プロピッカーの神田 昌典さんの著書、
「60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法」
にて紹介されている思考法もBreak the biasと似ているなと感じてます。
マトリックスを描き、要素をズラし、新しい戦略を導き出すシンプルな方法ですが、実務に応用しやすいのでオススメです!
アイディアを分解し構造化、組み合わせで新たなアイディアを生み出す。「小さくてもラフで良い」計測器の例などとてもわかりやすい。しかし、議論の中に無数にある中からこの2つの軸を出してくるのがセンスだし、実際に左下を思いつき、実用用途を見つけるってのは誰でもできることではないですね
とはいえ、思考法として参考になりました
よくあるライフハックかなと思いながら読んだのですが、

アイデアを思いつく時には、必ずこうだから、こうなる、というその人なりの思い込み、思考のバイアスがかかっている。
だからその思考のバイアスに注目して、その逆を真と仮定して、それで何ができるのかを考えたら、今まで考えたことのないイノベーションが生まれるのではないか。

うん、これは面白い発想法です。というか、単純なことかもしれないけど
私自身気がつかなかった。

是非ブレストで使ってみようと思います。
アイデアを考える際、思いつきで列挙するのでもなく、様々な切り口で並べてみるのでもなく、まず「そのアイデアが生まれた理由」に着目するという濱口氏。図表はご本人がノートに書き込んだものをもとに作成しましたが、こうして図示してみると、空白地帯にも何かあるように感じます。
バイアスを崩して新たなアイディアを生み出すーー。「空白地帯」にアイディアはある。本日から5日連続で、ビジネスデザイナー濱口秀司氏のイノベーションを生む思考術についてお届けします。
これ、スーッと読んでしまうと、
うんうん、まあそうだよね、特別なことないよね、
という感じにながちですが、いざやってみようとするとだいぶ難しいタイプのものですね。

意識的に空白地帯に注目しておかないと何が空白かそもそも気づかないままなので、
脳裏にとどめておきたいフレーズ
"空白地帯に必ずアイディアがある"
空白地帯を見つけるための軸を上手く引けるかも、腕が問われますよね。
大学の研究は、シーズベースのことが多いので、軸のとり方によっては物凄いバイアスのかかった状態です。一方で、上手い軸を持ってこれれば、バイアスはそんなになく、自分たちのシーズが空白地帯とマッチするように事態を理解できるかもしれません。このあたりはセンスが問われそうです
外国の人と話をするといかに自分の考え方がバイアスを生み出しているかよくわかります。

彼らとディスカッションするだけで、数多くの発見があるので、同じコミュニティ同士よりも、全く異世界の人たちと時には意見が違ったとしても、話をする方が面白いと思います。

【追記】

ちなみにこれは自分が使っている方程式ですが

横軸に共通項、縦軸にバックグラウンドで複数のコミュニティを運営していくと、自分とは全く異なる情報を仕入れる事ができる場所をいくつもつくることができるので、よければ試してみてください。
イノベーションというモヤっとした言葉に食傷気味になっていたのところへ、イノベーションを明確に定義するところから入ってきたので、自分の頭の中を整理整頓されたような感じがして、スッキリしました。

勉強になります!

ただしいかにも簡単にご説明されているが、そもそも縦軸と横軸に何を取るかの段階で、実は結構難しそうな予感です。
シンプルかつ説得力のある3つの法則。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。