【軍地彩弓×横山由依】ブームを生み出すために必要なこと

2016/9/11
AKB48グループの2代目総監督を務める横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する新連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回は、ファッション・クリエイティブ・ディレクター、雑誌編集者として活躍する軍地彩弓さん。ファッションの流行をどう生み出してきたのか、また女性をどのようにマネージメントするのか、などについて横山さんにレクチャー。 
 前編では、数々のブームを手掛けてきた軍地さんの取り組みについて話が展開した。
“芽”を取り上げることが重要
――軍地さんはファッション誌の編集者として、「ギャル」「109」「アラサー」など、数々のブームを手掛けてきました。 
横山 すごい、そうなんですね、みんな知っています。ギャルでいうと、漫画の『GALS!』を読んだり、ドラマの『ギャルサー』を見ていたりしました。
軍地 ドラマでもみんなパラパラをやっていましたよね。ギャルブームは、2000年ぐらい。由依さんが小学生の時ですね。
当時、私は雑誌『ViVi』の編集者としてファッションのページを作っていました。その頃、業界では「お嬢さん系」が流行っていたのですが、「このまま他の雑誌と同じことをしていても、うまくいかないな」と感じていました。
そんなときに、安室(奈美恵)さんや浜崎(あゆみ)さんなどが人気を集め、彼女たちに憧れる女の子がミニスカートを穿いて、派手なメイクをして、109で人気が出始めたサーフ系ブランドの服を着始めていました。
ギャルブームが始まる前の109は、安い洋服がガチャガチャ置いてある感じで、ファッションビルにはほど遠い感じだったんですよ。
横山 安室さん、浜崎さんのお二人の人気から、ギャルや109ブームが生まれていったんですか?
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に