新着Pick
223Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日アップされました。
みなさんのコメントを見るまでドキドキしたが、温かいコメントの数々ありがとうございます!ほっとしました。

初めてお会いした横山さんですが、とてもキラキラしていて、質問もとても知的でガールズトークのように話が弾んでしまいました。

「ViVi」や「GLAMOUROUS」を作っていた当時と今ではメディアの環境は全く違います。それでも、やはり情熱を持って雑誌を作っている人間がいることを知って頂けて嬉しかったです。

AKB48は過去にカレンダーのディレクションなどをさせて頂いてお仕事をご一緒することもあるのですが、横山さんは新しいタイプのリーダーだなと思います。

後半は私の失敗談も合わせてそのリーダー論を語っています。
お楽しみにしてくださいませ。

>濱野さん
お久しぶりです! 明治大学での講義に来て頂いたのですね。
コンデナストに入るとき、やりたいことを聞かれて「世界平和です!」と言って、椅子から当時の社長の斉藤さんが転げ落ちた話、実話です、笑。

>大室さま
ありがとうございます、優しい補足!
そして、最後は蛇足!!! (ラップか。笑)。のみにいきましょー。
東京ガールズコレクションを手掛けた友人と話していた時に軍地さんの『功績(?)』について教えていただいたことがあります。

ファッションと一口に言ってもラグジュアリーブランドとギャルブランドは業界的に人材も雑誌も全く交わらない位置にあって、特に前者が後者に交わろうとすることは絶対になかった。

ただ当時の東京のギャルのリアルファッションは109で買った服にヴィトンやプラダのバックを合わせること。

そんなリアルな姿をショーで演出しようにもラグジュアリーブランドは商品を貸してくれない。ここで暗躍(?)したのが軍地さん。なんとか話をつけてくれたそうです。

これはViViからVOGUEのような本来「交わらない位置」にいる雑誌を横断したキャリアもさることながら、軍地さんの人間力によるところも大きかったんじゃないかと推察します。

たまに食事などご一緒することがあるのですが、ファッション業界の方にありがちな業界内だけで固まることもなく、知識も人脈も「横断的」な方です。飲みっぷりもいいので結局お店も「横断」してしまいがちになるんですが(笑)。
軍地さんの発言を見ていると、ネットだ雑誌だという媒体の話ではなく、単純に雑誌のコンテンツを作る人たちが弱くなったことに尽きるな、と思いました。軍地さんが想いを持って、コンテンツを工夫して作ったように、今はネットでそういう人が多く、逆に雑誌媒体では想いを持つ人が少なくなった、というようなことを感じます。

今回はAKB横山さんの良さ・強さが軍地さんの良いコメントを生み出している良記事だと思います。
軍地さんかっこいい。
GLAMOROUSが創刊されたときは海外で生活していたので、2006年に戻ってきた時には「こんな女性が自由に生きるための雑誌ができたんだ!」と嬉しく思いました。
私が学生の頃は、いかに男性にモテるか、という目線でのコーディネートをたくさん載せた雑誌全盛期だったので、そんな日本の姿を海外から見て辟易していたところだったので尚更です。
後編も楽しみです。
女性ファッション誌の変化を、仕掛け人の裏話まじえおさらいができる対談。
GLAMAROUSは、AneCanより3年も早く始まってるんですね。あらためて当時の軍地さんのチャレンジのすごさを感じる。コンサバ雑誌をたまに手に取るくらいだったので、ギャル雑誌は開いたことないけど面白かった。
軍地さんの話は、具体的に有名人や時代の主要ネタで想起させるので分かりやすい。

2000年代は、雑誌の下り坂で紙世代の年齢上昇、マスから個へ、女性の子供がいながら働く意識の変化、そして2010年はネットとの差別化でおまけ付きに変わってきている。
GLAMAROUSは2013年で休刊。今後どんな雑誌が生き残るのか

横山さんは、家族でケミストリーを見に行ったのが芸能界を目指すきっかけなんですねー。
家族4人でケミストリー、いいですねー。
軍地さん世代(以上)で活躍している女性は、往々にしてオヤジ受けで上がっていった人が多い印象があります。しかし、軍地さんはオヤジに限らず、前後世代男女問わずフラットに関係を築いてきた人。フラット化する社会において、この軍地ストロングスタイルは学ぶものがあります。ま、「あの時、本当に軍地さんを殺したかった」っていう人もいるとは思いますが笑。
雑誌『GLAMOROUS』の登場は衝撃的でした。それまでの女性ファッション誌は一部モード誌を除き、いかに男性に受け入れられるかを視座に掲載されるお洋服が選出されていましたが、この雑誌の登場により、自分が着たいものを着ていいのだとの価値観が認められていった気がします。その裏側には、「時代をつくる」気概をもった軍地さんをはじめとする女性スタッフの、時にはモノが空中を舞う壮絶な格闘(?)があったとは。横山さんも、軍地さんのお話にノリノリで返す楽しい対談でした。
軍地さんの「ファッションは知性」という言葉。
軍地さんのファッションへの情熱とセンスを表しているなと思います!

>私は、ファッションは知性だと思います。新しいものを知ろうとしたり、次の時代が提案していたりするものを自分に取り込むことは、ニュースを見るのと変わらない。

マーケティングの世界では、ファッション冊子のポジショニングマップを描き、広告の投資計画を考えます。ただ、どんな感覚を大切にしたいのか、どんな時代の流れをつくりたいのか、といった問いがなければ、表面的な企画で終わってしまう。

『GLAMOROUS』の立ち上げプロセスは、マーケティング・ビジネス志向の左脳発想だけではなく、感情や嗅覚といった右脳的発想が大切であることを教えてくれます。

===以下引用===
>軍地  その通りです。雑誌を一冊作る時って、だいたい広告代理店が出てきて、「今、この世代の女性が、こういう消費傾向を持っている。だからこんな服を取り上げると、このクライアントがつくから、そういう雑誌を作ってください」と、ビジネスやマーケティングありきで作られることが多いんです。
でも、私は本当の女の子たちの言葉から、雑誌を作りたかったんです。「一生オシャレでいるためには、どうしたらいいんだろう?」という問いに答えたかった。
だから、一般的なマーケティングをせずに、自分の感情や嗅覚、勘だけで作ったから、女の子にすごくウケたと思うんです。
普段なじみがないだけに、女性誌の歴史と舞台裏がサマライズされていて面白い。いざとなったら男子の半分が怖気づくに、笑ってしまった。その心理分からなくもないなー、と(笑)
軍地さんがどんな方か初めて知りました。
関係のない業種にいる私にはプロピッカーを知るのに非常によい記事でした。
この連載について
AKB48の二代目総監督である横山由依が、NewsPicksのプロピッカー陣と対談。政治・経済からカルチャーにいたるまで、最前線で活躍するキーパーソンに迫ります。アイドルグループのリーダーとして、一人の女性としての視点に注目です。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
772 億円

業績