新着Pick
297Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひどい…具体的な内容が下記に出ている(詳細後述)。一番問題だと思ったのが「過去数年にわたって5300人の行員を解雇してきた(Wells Fargo confirmed to CNNMoney that it had fired 5,300 employees over the last few years related to the shady behavior.)」という点。ようは発覚はもっと前にしてきたのに、それがプロセスとして改善されないまま数年間継続してきたということ。正直、ありえない…あと、相当大きい規模のスキャンダルになるのではないかと思うのだが、昨日もそしてアフターマーケットでもあまり株価が反応していないのは気になる。

あと見出し部分に関して不正口座開設というより、口座を不正に顧客の了承なく開設したというのが問題。具体的には
・新規口座を了承なく開設(そのために偽のメアドも作ったり)
・資金がそこに移されたため、元口座の最低金額を割り、口座維持料などが顧客に発生
・加えて56.5万件のクレジットカード口座も了承なく開設、それによるカード費用なども発生
・2015年に訴訟が発生、行内のコンサルによる内部検査はその後始まったとみられる(Over the last few yearsと少し矛盾があるかも?)
http://cnnmon.ie/2cH0ZnK

<追記>気になるのは海外掲載メディアのトップページで、あまり大きな扱いを受けていないこと。不正に口座を開設することは、元金融にいた自分の感覚では相当な大事だし、それが特定ではなく組織的だったというのは相当に大きいのだが…<追記終>
150万もの口座の管理手数料が他の顧客に上乗せされていたとは・・・。
5300人が関与というのも信じがたいです。

モラルの欠如にただただ呆れるばかり。
是非とも、どういう経緯でこのような不祥事が発生したかを知りたいです。
コンプライアンスという見地から、とても興味深い内容ではないでしょうか?
繰り返されるこの手の問題。
四半期決算の開示による、株主や市場の反応に戦々恐々となっている、その状況が変わらない限り、こういうことは繰り返されていくのだろう。
それは、反射的に数字でしか反応できなくなった市場を見ている者たちの責任でもある
約1.9%とはいえ、5300人が関与していたということに驚き。この件に関して、米当局と1.85億ドルの支払いで和解している。

ウェルズ、1.85億ドル支払いで当局と和解
https://newspicks.com/news/1768134
驚きと同時に極めて残念。

ウェルズ・ファーゴは元々は中規模の地銀で、米国中が投資銀行・ホールセール業務に勤しんでいたころも地味な商業銀行・リテール業務に集中していた。結果、リーマンショックを糧に急成長、現在で世界最大時価総額の銀行。米で最も期待されていた生粋の商業銀行だったはず。アキレス腱になりかねない事件
うはー。ひどいな
こういった問題を防ぐため、社内に組織開発機能を置いて自社をあるべき方向に導く組織文化を浸透させるのが最近の米国の人事管理のひとつの潮流であると思うのですが・・・ここまでくると組織文化そのものに問題がありそうに見えますね。ボーナスで業績の軸は徹底したが、行動指針の軸が通っていなかったということでしょう。今の時代、後者もしっかりしていないと事業の永続性は保てません。
すっかり増員というニュースを聞かなくなった金融機関。統廃合して巨大化し、最終的にはフィンテックとの生き残り対決か。
アメリカン。
米大手銀行で何と5300名の大量解雇とは! 米国の金融犯罪史上最大の事件である。しかし大半の行員が犯罪行為であるとの認識であったかは疑わしい。何故なら間単に情報が漏れるからである。それにしても米国の金融犯罪に対する厳しさは日本も見習うべきである。そうすればオレオレ詐欺の一掃も夢ではない。