新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ROE40パーセント越えを続けるのは、難しいでしょう。新規ビジネスに入ればほぼ確実に希薄化する。でも、それを持って衰退とするのは短絡的過ぎる。アップルは、過去の自社実績比較より、将来の相対比較で判断すべき状態だと思う。
動かすカネが増えるほど、投資家は銘柄が限定され、経営者はスケールに見合った仕事を求められる。流行ったラーメン屋がカレー屋出すみたいに、稼いだスマホ屋に自動車でも当てろって言われてもね。
小は小なりの、大は大なりの悩みがあるということだね。
昔は「iPhoneで世の中を振り回していた」が、最近は「iPhoneにAppleが振り回されている」感じが少ししている。利益が出て、株主資本が累積して、期待値も上がって…成功したゆえに出てくる様々な課題がある。
なお、ROEについては、利益の伸びもあるが、ティム・クックになってから株主還元を始めたのも大きい。そしてその原資は負債調達。最近米国外資金の還流について①などで話題になっているが、Appleは税率を下げるために米国外に利益蓄積しており、それを米国に還流させると課税対象となるため、負債で原資調達している。なお、Appleなど米国大手IT企業の株主還元は約1年前に②で取り上げた。
Appleは水平分業を徹底しているので、製造サイドという点でAppleだけをやっているわけではないが、Hon Haiも併せて見たい。③でみると、Hon HaiのROEは16%程度で推移。ただ2013年度をピークに負債は減少傾向にある(FCFも増加傾向)。売上高(約17兆円)の割りに投資CFが2500億円程度とかなり小さいのが印象的。
https://newspicks.com/news/1763587
https://newspicks.com/news/1131573
https://newspicks.com/company/SPD13LH1NUQTZWXU?t=chart
スマホ産業は成熟していません、まだこれからスマホ人口は倍増します。しかしそれはアジアとアフリカを中心とした新興国の新規ユーザーであり、供給者は1万円前後の中国やインド製品です。
10万円近いiPhoneではありません。

iMacからiPodやiPadまで、新製品のリリースは3から6年程度でしたが、iPhoneは来年で10年になります。その間新たな製品はiWach iTVくらいですがそれは今までの様に「昨日までこの世に無かったもの」ではなく、競合が沢山ある既存分野ばかりでした。

自動運転車もAIも各社がしのぎを削っている分野です。
本来iPhoneで稼いだ国家予算並の20兆円のキャッシュは買収も悪く無いですが、新規事業開発、新規イノベーションに使うべきでした。それだけあれば何度か失敗する余裕もあります。しかしその能力が無くなりイノベーターのジレンマに陥ってしまいました。

つまりAppleは既に「ソニー化」が始まっていると言えましょう。
アップルの現状を整理しました。

最近の買い物リストを改めて眺めても興味深いものがありますが、巨大なスマホ市場を生んだiPhoneと同じようなイノベーションを求められる、アップルへの期待のハードルの高さを再確認しました。
20世紀型の代表である自動車メーカーのトヨタと、21世紀型のアップルのROEを比較しても仕方がない。むしろ、アップルが自動車産業に投資するならどういう新しい顧客の問題解決を目指しているかだ。Googleは、Google Mapで世界の地理データを手にした。このデータを武器に、無人運転自動車を開発して、事故リスクを無しにして人間のモビリティを高めるという問題解決に取り組んでいる。”車を売る”モデルから””地理データを売る”モデルにシフトするという自動車産業の21世紀版を創ろうとしている。ティム・クックは、明らかにイノベーターではなく、リノベーター型のCEOだと思う。
多分必要なのはポケモンGOみたいなイノベーション
自動車は最終的な形であって、今本気でリリースしようとはしていない、自動車に必要な要素にAIを取り入れて世の中にリリース、その過程で様々な入口を抑えにかかっているように見えますね。それはこれまでの買収のヒストリーを見ていても感じます。
入口を抑えている強いデバイスであるうちに、様々なアプリケーションを世にリリースして、アプリケーションとしてスタンダードをとっていく、そんな戦略が着々と進んでいるんだとしたら、アップルの今の見方も変わってきます。

個人的には今後の方向性を意識しながら、アップルの動きを注目したいです。
お金が入ってくる収入面でiPhoneという強力なブランドを持つ武器があり、支出面でも綿密なタックス・プランニングで限りなく節税。そうすると20兆円もフリーキャッシュフローが持てるんですね。
Appleの有り余るお金を使えばアメリカでフォードやGMから人を引っ張って自動運転や電気自動車を作ることは可能。でもね…

自動車そのもののハードウェアをAppleがデザインするというのであれば、それはあり得るかもしれない。でも、それは外装デザインと内装デザインに留まらず、中身にも及んでこそApple。サプライチェーンを掌握して、極限まで自社の在庫や稼働リスクを減らしたのがティム・クックのSCMでありそれがここまでの莫大な利益を生んできた。だが、エンジンないしはバッテリーやモーター、タイヤにシャフト、様々な部品でAppleに知識のある人はまだまだ少ないはずで、Appleで自動車開発やるくらいなら今の所はテスラに行く人の方が多いのではないか。
様々な点において、まだまだ機は熟さないように感じる。
この連載について
世界で起きている経済・企業・テクノロジーについて、鮮度の高いニュースを、NewsPicks編集部が独自に「ヒト」「モノ」「カネ」の3つの視点で独自に分析。速報では得ることが出来ない知見を、タイムリーに提供していきます。
時価総額
7,669 億円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
235 兆円

業績