新着Pick
221Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
バズワードでバブルが起きている感じがします。
人気 Picker
Fintechスタートアップ企業側からすると多額の資本要らないわけですが、既金融機関側からすると何とか取り込みたいと言う危機感もあるわけで、完全に売り手市場となってしまってる感は否めず。一方で技術革新もですが人材発掘面での期待も大きく、イケてる人材が既金融機関に流入してくる効果は相応にあり中途採用の状況も実際に変化してます。
今の日本で「需要がある」と言う点は素晴らしく、 グループとしても当社としても自身としても思いっきり踊ります。
単純に資金が集まる分野には人材も流入しやすくなりますから良い流れだと思います。ただ一括りにFinTechと名がつけば何でも良いとなってきている感があり、一方で現実にはFinTechと一口に言っても多種多様で玉石混淆としていますので、このまま世界的にだぶついた資金が集まっていけばいずれバブル化するというパターンになるでしょう。ただこれは致し方ないこと。バブルが弾けても生き残っている企業や技術が本物だったということになるかと思います。
今後ますます増加すると予想されます。
現時点では、電子マネーや少額送金といった程度ですが、ブロックチェーンが本格化すれば世界を変える威力があります。

ただし、名前だけの怪しい企業がぞろぞろ出てくるでしょうから、注意が必要です。
ちなみに700億円投信は、既存企業への投資なので、企業に資金は流れない(ニューマネーではない)。株価が高くなって、それで増資や、株式交換によるM&Aが発生すれば間接的にニューマネーとして働く効果はあるかもしれないが。
前からコメントしているが、バブルは注目・資金・人財を引き寄せて、ブレークスルーのために必ずしも否定的にはとらえていない。ただバブルはバブルでいつまでも続かない。そのなかで産業としてちゃんと稼げるようになり、稼げるから再投資できるような状態になることが必要。
ネット銀行などもITバブル当時には盛り上がったが、結局既存プレイヤーがオンラインバンキングも初めて、ネット銀行だけで生き残っているところは少ない。フィンテックに関しても、本当に利益が持続的に出るモードになるのだろうか?また規模を考えた時に、持続的に利益が出るようになったとしても2.4兆円なりが回収できるほどの規模になるのだろうか?
日本のフィンテック環境を表した下記記事も併せてご覧ください。

https://newspicks.com/news/1753712
「少しでもITが絡む金融事業ならフィンテック」みたいなところがあり線引きが曖昧ですが、2015-2016が転機になったことは間違いないですね。いわゆるIT系のベンチャー・スタートアップのみならず、メガバンクや地銀もフィンテックに本腰を入れてきた。やはり本丸は銀行・証券・決済・融資領域だと思うので、今後が楽しみです。
将来予想のグラフはちょっと強気過ぎるように見えます。
昨年倍増したのは、フィンテックに限らずスタートアップ投資全体の増加率にほぼ等しいですが、今年は米国は足踏み、向こう数年を見ると減少も大いにあり得るからです。

金融はデータでほぼ完結する産業なので、テクノロジーによる置き換えがしやすい分野です。よって従前からネット証券やネット銀行、FXやオンライン決済と、インターネット産業の大きな部分を占めていました。それを最近になりフィンテックというバズワードを作って捉えているだけで、新たな潮流と言う訳では無いとも捉えられます。

むしろ競合や技術スタンダードの入れ替えが極めて激しいため、ベンチャー投資は極めて難しい分野でもあります。
利益率が低いがストック型ビジネスであるため長年やってようやく黒字化するかどうかといった気の長いビジネスです。バズワードから想起する、テックで一気にシェアを取る、といったプレイではありません。
そのため営業力や組織統制力、また規制当局としっかり付き合える業界リテラシーが求められます。
フィンテックって何なの?という根本的なところから懐疑的な私からしたら、「金融の本質が、テック側にあるわけではない」という事が、どうしてもフィンテック信者の方は、腹に落ちないんだろうなとは思っています。
「金融ベンチャー」はどんどん出てきてほしいし、既存の銀行等の機能を一部奪っていけば面白いとは思うが、必ずしもフィンテックである必要はないし、現状では明らかに力不足。
既存金融側も、フィンテックが金融システムを根幹から変えるとは、本音ベースでは思っていないが、懸念しているのは「まがり間違って」の時。だから、むやみやたらと取り込んでいるのかと。
自分の人生という有限資本をどこに投資するか。そういう意味では就活は投資みたいなものです。

で、今年の就活生からは「フィンテックかなあ」という人も少なくないです。でも知っておいてほしいのだけど、2-3年前に「データサイエンティスト」という言葉が流行って、データサイエンティストになるとかビッグデータをやるために○○に入社するといってた人達が、いまどんどん後悔してます。

要はただの流行りに乗っからない方が良いですよと。投資もフィンテックが本質ではなく、フィンテックで何を成し遂げるのか、その事業に未来はあるのかが大事なわけです。カッコいい言葉に乗せられないように!(って、NPでは絶対釈迦に説法ですが)
Fintechといっても領域が幅広いので、具体的にどの分野が広がっているのかなどの細かい分析が必要だと思います。

あとは国によって広がり方や、規制などが大幅に異なるので、スタートアップの成長スピードにも大きく影響していくことになります。

個人的には、アメリカで広がりつつある、Equity Fundingは一つの有望なマーケットになりうるのではないかと思います。これは、金融のテクノロジーだけでなく、マス向けのプロモーションという一マーケティングの側面も兼ね備えているため、問題は幅広くあると思いますが、門戸がグローバルに開かれるという視点では非常に有望な分野です。