新着Pick
203Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
結局お金は目的を達成するための手段でしかないので、お金に換算する意味はそんなにないですね。それよりも解くべき問いを解いているか、それに尽きます。
人気 Picker
マスク氏の夢は(そして僕の夢も)株の一時的な上がり下がりで一喜一憂するような短視眼的で物質的な損得勘定よりも100万光年先にあるので、こんなの雑音としか思ってないでしょう。

気にするのは人類の宇宙への旅をどれだけ前に進められるか、です。そして宇宙への旅とはもっと長い目で、辛抱強く進めていくものです。

マスクがSpaceXの株式を公開しないのも、短視眼的な投資家に振り回されたくないからでしょう。(テスラはそういう理由で公開して後悔してるとどこかで言ってた。)

がんばれスペースX。

ちなみにNASAみたいな国営機関は投資家や顧客のの一喜一憂に振り回されないという利点はあるが、逆に短視眼的な政治家の一喜一憂に振り回されるという欠点が。それが、ナチスとかソ連とか北朝鮮とか、全体主義で独裁な国がミサイル・ロケット開発に長じている理由のひとつである。
イーロン・マスクご本人は歯牙にもかけていないに、私も一票。なぜならば、宇宙開発で成功するためには既存には考えれない規模の失敗がつきものだから。ところで、岡村さんのコメントのアンバー・ハード。思わずググりました(笑)
くだらない記事だな。こんなんで彼の情熱やそれについてくるスタッフ達の士気が下がることはないだろう。
言い古された言葉ですが、人はお金を持って死ぬことはできません。いいじゃないですか。少々苦労しても、大金を失っても、やっぱり好きなことをして、思い残すことなく死にたいですよ。失敗は悪夢ではない。夢を見ない人生こそが失敗なのだ。
本人は苦境とも思ってないのでは。実際、スペースXだって連続で打ち上げに失敗して破産寸前だったところから、再利用が視野に入るまでこぎ着けたのだし。アンバー・ハードという超美人の新しい彼女も得て、益々意気軒昂にチャレンジしていくと思う。
宇宙業界は「ミリオネアになる一番手っ取り早い方法は?」との問いに「ビリオネアから始めることだ」というジョークがあるくらい、規模とリスクの大きい業界です。イーロン・マスクは夢と資産と度胸を併せ持った人類史上稀に見るスケールの人間。

彼のツイッターのプロフィールを見ると、場所の項目が"1 AU"となっています。AUとは太陽から地球までの距離を1とする天文単位。火星は1.5 AU。彼は自分の居場所を太陽系座標で捉えているわけです。こんなスケールの人間は過去に類を見ません。
本人全然気にしてないと思う。そういうこと気にする人種じゃないんだよ。例えテスラが潰れても平然としていると思うよ。
アフターサービスの不安があるのに、テスラのモデルSを買う人の気がしれない。
まあ、買った人を見ていると、最悪、捨てても良いや、ぐらいの余裕がある人ばかりだけど。
これは、内容が薄い。たんに爆発事故と株価の下落をつないだだけですね。ロケットはバンバン壊れてますから、ショックでしょうけど、立ち直れないほどでもないと思いますが。
スケールが大きすぎて、凡人には理解しがたい。彼だけでなく、大きな資産を運用している人とか、キャッシュフロー経営に重きを置いている経営者など、メンタルがかなり強いのだろう。

彼の場合はもともと前人未到のことをしようと思っているので、こんなのは想定内なのかもしれない。