新着Pick
356Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見比べました、非常に興味深い。映画の予告編制作専門の会社があり、日本ではバカザバッカさんは女性社長さんの会社です(^^)。専門企業があるくらいなのでノウハウ満載なんでしょう。

見比べた結果、現状はプロ制作が勝ってるし、記事によるとIBMの人工知能Watson完結でなく人によるストーリーづけが必要だったよう。シーン抽出はわずか6分で制作時間短縮に役立っているので、期待ですね。もう少し時間をかければよいものになるだろうから組み合わせで活用は即可能な気がします。
機械学習とWatson API(試験版)の組み合わせで実現しているようなので、いずれWatson API(公開版)として誰でも利用できるようになるかも。
https://www.ibm.com/blogs/think/2016/08/31/cognitive-movie-trailer/
面白いプロモーションですね。
人工知能作の方を見ると、なるほど、ホラー映画のTrailerにはある程度作法がありそうだなというのが分かりますね。テンポ感のようなものが出てくると、段々人に近づいていきそうです。
人間制作は、見慣れた演出で馴染みやすく、煽られる感じが強いのに対して、AI制作は淡々と、しかし徐々に煽る演出で、どちらもありだなあと。エリア毎に放映する広告を変えて効果検証も発表してほしいなあ
ふたつの作品を見比べると、Watson版はただ映像を切り貼りしているだけの印象だが、公式版にはストーリー(因果の流れ、意外性への飛躍、エピソードを予感させる印象的なカットなど)を感じる。しかし、人間が10~30日かかるものを24時間で完成させたことは印象的。質よりも量(時間短縮も含め)が評価される仕事は、現状のAIでもどんどん置き換えられていくのだろう。その結果何が起きるのか。AIに背中を押されるようにして、人間の仕事、表現、創造は、一段も二段も成長し、進化していく可能性がある。
センスのある予告編がめっきり少なくなりました AI使用でもいいから改善するといいなぁ オーバーフィッティングするとつまらなくなりそうなので、ほどほどの学習がよいかも
比較できるのいいですね。冒頭からの迫力は人がつくった方が圧倒的だと思いつつ、人工知能版しかみていなかったらそれはそれでよくできているように感じてしまう。オプションとしてあり。
人工知能の映画予告は未だ映画を切り貼りしただけ、という印象ですね。

人間が作った方が、ハラハラドキドキ感がありますし、予告編なのに見入ってしまいました。この辺りはやはりプロの技。

シーン抽出のみ人工知能に任せるなど、今はまだ部分的活用が現実的なのでしょうか。
AIと人間の視点の違いが見て取れて面白いですね。もう一人の製作者がいると思って判断できれば、今後も色々なものが生まれてくると思います。
人間の作ったトレイラーの方が良いんですけど。その理由は書いてないですね。AIもこれからでしょうが、その進化は想像を越えると思います。
IBM(アイビーエム、正式名: International Business Machines Corporation)は、アメリカ合衆国のコンピュータ関連企業である。本社はニューヨーク州アーモンク、世界170か国以上で事業を展開する典型的な多国籍企業でありテクノロジー企業。愛称はビッグブルー。 ウィキペディア
時価総額
12.8 兆円

業績