新着Pick
363Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
縛られていると思うかどうかは、自分次第かもしれませんね。牢屋に入れられた囚人が、1人は下を見て暗くて何もないとつぶやき、1人は上を見て暗いから星がよく見えると呟くのに近いですね。
人気 Picker
今一応そんな感じですが、簡単ではないです。
結局、その縛る側の会社と付き合わないといけませんし、その人たちとうまくやっていくのは大変です。

追記
よく、会社が手放したくないような人材になれとか言われるのですが、一般の企業にとって例えどんなに優秀でも一人の人材などどうでもいいのです。むしろ、優秀過ぎる人は要らず、組織の一員となる代わりの人を入れた方が良かったりする。大して損失にはならない。
今エールフランスなどではCAの副業を会社が支援する姿勢ですが、これも「うち1社に頼るのはやめてね」という意味の裏返しだったりするので、この「縛る縛られる問題」は状況によって解釈が異なる課題です。

安藤先生の指摘するように、実態は①会社に縛られない自由な人②会社に縛ってもらえる人③会社にも縛ってもらえない、だけど不自由な人の3層構造で②のボリュームゾーンが減るのは事実として、その後の①を強調するか③を強調するかで議論の矛先が変わるということでしょう。

ただ多様な働き方を認める上でまず最初に必要なことは『現時点での業務の棚卸をすること』。そうすると大抵の場合、「この会議に8人も参加者いらなくね?」という今迄皆が思っていたけど、「昔からそうなっていること」にも物言いがつきやすくなります。

少なくともこれは短期的には、メリットな気がします。
安藤さんの「今後はこうした「技術的失業」に伴ってリストラや転業を迫られる人が増えていくでしょう」と「ほとんどの人は会社に“縛ってもらえなく”なるでしょう」という指摘が当たることになると思います。
もしすでに所属してしまっているならば、会社が離したくないと思うような、必要とされるような存在になることから始めてみると、見えてくることは多いのではないでしょうか。

今日、後輩と話していた時に、「私たちは起業とかは全然考えていないんです。組織の1つのネジでいいんです。」と話していましたが、「けど、使い捨てられるのは嫌です。」とも。

それならば、必要不可欠な大きなネジになることからじゃないかなと伝えてみました。

人によってやりたいことは様々です。
企業に所属したい人もいれば、起業したい人もいるでしょう。
けれども、どの場でも使い捨てられたい人はいないはずです。
まずは、必要とされる人になるにはどうするかからではないでしょうか。
「会社と個人の関係性」について、企業人事(サイボウズ青野さん)、コンサルタント(瀧本哲史さん)、ファイナンシャルプランナー(藤川太さん)、研究者(安藤至大さん)の複数の視点からインタビューされている良記事。

「「脱・会社」を目標にするより、会社を利用してとことん学ぶ姿勢でいたほうがいい」
「まず、見晴らしのいい場所に行くことが重要」
「会社に「縛ってもらえる人」が減っていく」
というメッセージが個人的には刺さりました。

シンプルに「目の前の仕事から逃げずに向き合う」ことを前提に「将来を見据えて自分のお金と時間を投資する」ことが必要だという話ですよね。難易度高すぎw
4人の立場の違う方の意見が読めとても参考になる。「会社に縛られない」ことが重要という決めつけもまず良くないと思う。会社に縛られる選択もあっていいと思うし、時間にも場所にもとらわれな生き方も選択出来るという、なんでもありというのが最終目標だと思う。
古い表現かもしれないが、「会社」の漢字を逆にすれば「社会」。社会が変われば会社の雇用形態も変わるし、社会と同様に会社にも様々な形があってもいいと思う。子供が学校で「お父さんはどんな仕事をしていますか?」と聞かれて、「OO会社」と社名で答えた話を以前読んだが、帰属意識も薄れた今は欧米並みに職種で答えてるんだろうか? 日本の最大の課題はホワイトカラーの生産性です。余りにも低い。
1企業の取り組みとして社員の様々なニーズに応じる形で雇用形態に柔軟性をもたせた結果、離職率は28%から4%に低下したとのこと。これをマクロなレベルに拡大したのがヨーロッパにみられる同一労働同一賃金という仕組みでしょう。雇用形態での賃金格差を違法とすることで、正社員でいるために長時間労働に耐えなければならない現状は是正されていくはずです。労働者の能力と成果に対する正当な報酬が約束されれば、転職市場にも優秀な労働者が増え、市場が効率化していくはずです。そうなれば雇用の流動性も高まり企業と労働者の対等な関係性が実現すると思います。
起業してつくづく感じるのだが会社が嫌で嫌で仕方ないときでさえ「社内のルーティンに縛られていたほうが幸せという場面」は必ずある。どれほど起業をしたいと願っても「社畜として縛られていたほうが幸せというひと」も必ずいる。

わたしは雇われマネジメントとして縛られるのが嫌で53歳でようやく起業しましたがたとえ起業したって自分の会社だって必ず「何か」に縛られることに違いはありません。お金のこと社員のこと会社の成長のこと自分が死んだあとの会社のの行く末のこと・・。

要は「縛られる相手」と「縛られ方」とに違いがあるだけです。安易にこんな記事に惑わされてはいけません。自分で考えなさい。何にすら縛られることのないノンシャランな仕事なんてありませんしそれがほんとに幸せなことかどうか。ちなみにわたしはいまや縛られることが快感に・・(>o<")
新着記事一覧
足利尊氏と直義、2人の「共同経営」がもたらした成功と悲劇的結末の教訓 - 新説・新発見!今こそ学ぶ「歴史・地理」
Diamond Online
2Picks

<社説>開戦から80年 惨禍繰り返さない決意を
琉球新報
3Picks

人材コンサルのジースヌーズ 社員のスキルを共有 人材流動性向上へアプリ提供
中部経済新聞社
2Picks

富士フイルム・ニコン、明暗分かれた背景に「縮小市場」への向き合い方の差 - ビジネスに効く!「会計思考力」
Diamond Online
2Picks

「自己肯定感は高めるほうがよい」の勘違い、自己満足と混同していないか - ニュース3面鏡
Diamond Online
2Picks

生物進化と人間による創造、背後に共通する「言語性」とは? - 進化思考入門――創造性のヒミツは生物進化にあった!
Diamond Online
2Picks

ひろゆきが驚いた「イチローが高校生の脳裏に焼き付けた、ある言葉」 - 1%の努力
Diamond Online
2Picks

自分の気持ちを、素直に受け入れられるクセをつける - 生きづらいがラクになる ゆるメンタル練習帳
Diamond Online
2Picks

受け身な若手が激変する「インプット→アウト会話」 - 若手育成の教科書
Diamond Online
2Picks

デキるビジネスパーソンが愛用する フレームワーク「STAR」の本質とは? - 真の「安定」を手に入れるシン・サラリーマン
Diamond Online
2Picks