新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ほんと、びっくりするくらい電波はないし、ネット回線も遅いんですよね。初めて来た時は驚愕しました。
サンフランシスコ市内のSprintの看板の真ん前で圏外だった時は、さすがになんとかしてくれないもんかなと思いました。
そんな私のiPhoneは現在圏外。WiFiないと生きていけません。
ここ数日、Palo Alto、Mountain Viewに滞在しており、同僚のスマホを見せてもらったのですが本当に電波弱いですね。朝倉さんもコメントされているように、ネット回線も遅い。南のSan Joseあたりにいたときも、写真つきの記事を読み込むのにかなりの時間を要していましたので、シリコンパレー全体で同じような現象があるのかもしれません。また、シリコンバレーから北、サンフランシスコ、バークレーあたりも繋がりにくかったです。

サンフランシスコ到着後、航空機遅延に合い、翌日の便に振り替えたのですが、その際に航空会社が手配した空港近くのホテルでは(チェーン系列ホテル)、WiFiがロビーでしか使えませんでした。笑
電波はないし交通も不便だしメシ屋がいいわけでもないし、どうしてこんなところがいいのかね。シリコンバレーにもボストン郊外のベンチャー集積地にもそう感じていました。
が、そのボストン郊外の住民が、地元に電車を整備する計画に対し、都心からいろんな人が入ってきて地価が下がると反対するのを見て、住まいやインフラに対する見方が全然ちがうんだと気がつきました。
自宅に電波が届かなかったジョブスは、それでもその環境がよかった、ということなのでしょう。
パロアルト(+あらゆる高級住宅街)で携帯がつながらないのは開闢以来の現象で、「NIMBY(Not In My Back Yard)」とよばれ通信キャリアにとって数十年来の頭痛であり続けています。その話と、「コードベースの会社は出て行ってくれ」という最近の現象は、少々意味は違うのですが、なにしろ、80年代にはまだまだ「学生街」の雰囲気があったパロアルトが、すっかり「金満」風になってしまって、住民が「新入りは出て行け」と言いたくなる気持もわかります。
LAでも電波は非常に悪い、T-Mobileですが、もう変えようというくらい本当に酷いです。体感的にはSprintの方が良いです。そして更に言えば、日本の方が電波は間違いなく良いです。

日本はモバイル大国であり、Wi-Fiの普及も遅いのは、やはり電波の良さにあり、そういう意味で先進国の中でも稀有な存在であることは事実だと思います。

そしてアメリカが電波状況が大幅に改善するとはあまり思えない、なぜなら国土が広過ぎるから、基地局を作り、緻密なネットワークを張り巡らせることは難しいでしょう。

でもそういう不便な土地だからこそ、既存の枠に捉われないイノベーションを起こそうというモチベーションが生まれるのかもな、と最近は思います。そういう考えから、今のネットワーク状況を劇的に改善する技術は間違いなくアメリカから生まれてくるものだと予想しています。
ひどいな
去年も今年もボストンでT-mobileのSIMをiPhoneに差し替えて使ってましたが、電波良くなかったですね。改善された様子もない。選べば良いのがあるのかもしれませんが、どうなんでしょうか。N=2で決めつけるのもなんですが、アメリカ全般の問題?
なるほど!
10年後には世界中どこでも繋がるんでしょうね