新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まさにリーダーって感じの人です。トップの役割は、誰も決められないことを決めて、責任を取ること。後半にあるマツダのエンジンの話もとても良いので、併せて読みましょう。
人気 Picker
先日、C Channelの森川さんが「戦略とは何かを捨てる決断」とつぶやていて、最近自分の中で強く意識していることと重なったところに、章男社長の「誰も決められないこととは、得てして『やめる』ことです」という言葉が追い打ちをかけた感じ。
以前に比べてトヨタに対し、「まぁまぁ」「なぁ~なぁ~」が通じなくなくなった印象を受ける。社内でも社外でも。弾けている裏には厳しさがあるからだろう。
今日のニュースイッチで「ハチロク」の開発者、多田さんのインタビューが載っている。うちのトヨタ担当記者の「若者のクルマ離れという問題の本質は、やはりメーカーの若者離れだったと実感する」というコメント。それに対する章男社長の「命を賭けてクルマに乗っている」という言葉が答えのようになっている。
フェルさん、豊田社長にインタビューとは!!「あの」と呼ばれるようにいつかはPicksもなるとよいのだが…記事も決済→相談へとかとても面白い。判子押すだけの決済だったら、実質的には社長が決めていることではない。だからこそ、役割として「誰も決められないことを決めて、その責任を取ること」というのは明確だし、極めて本質的だと思う。
『豊:あの時にはっきりさせたことが有ります。私の役割は何なのか。社長にはどんな役割があるのか。たったの二つです。ひとつ目は「最終的に誰も決められないことを決めること」。そしてもう一つが、「その責任をとること」です。』
章男社長と言えば、やはりプリウス、カムリの北米リコールでトヨタが窮地に陥った時、「私はトヨタの名前を背負っている」趣旨の発言が印象的でしたね。あれからユーザーのトヨタに対する風向きが変わりました。日本を代表する企業として、トヨタには頑張って欲しいものです。
本当に面白いインタビューでした。そして内容も共感できるものでした。

「社長室は最終決裁の場ではないだろうと。ただ決裁をもらいに来る場所ではなくて、社長と相談するための場所だろうと」
➡多くの大企業はまさに判子を見て判子を押していると思います。そして、判子を押すときには全て内容が共有されていて覆させることはほぼないと思います。
でも本来企業のリーダーは経験豊富で優秀な人。その人にまだ検討段階で直接相談できるというのは非常に大切なことではないかと思います。特に迷うこと、何だか腑に落ちないことなど少しでもひっかかることをトヨタの様な大企業で社長に相談できるというのはトヨタの強さに確実に繋がっていると思います。
いいインタビューだと思います。社員から愛されている社長という感じが伝わってきます。
豊田さん柔軟だよなあ
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
24.2 兆円

業績