新着Pick
649Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
店舗活用の自由度も上がったり、一時的な店舗といった変わった取り組みができるようになりそうですね。
人気 Picker
よく誤解されますが、銀行が3時で閉まるのは規制のためではありません。
むしろ規制は、3時までは店舗を開けなければいけない、という規制なのです。

現在、多くの銀行が3時で閉店するのは、銀行間を結ぶ全銀ネットが3時20分で停止するため、他行への送金が行えなくなるためです。(自行内業務だけなら今でも遅くまで営業している銀行もちゃんとあります)

つまり単にシステムが古いからで、再来年導入の新システムでは24時間リアルタイム決済が可能になりますから、いずれ24時間営業の銀行とかも出てくるでしょう。

記事にある今回の規制緩和は、イメージとは逆に過疎地など採算の取れない店舗を3時以前に閉店することを認める為のものです。
規制を緩和したからといって、必ずしも便利になる事ばかりではないのですね。

(追記)
因みに銀行が3時まで店舗を開けなければいけない理由は、手形や小切手などの入金期限があるからです。

もしその日に限って、3時前に銀行が閉まっていて手形が不渡りになってしまったら、会社は大変なことになります。
このような事故を防ぐ為に、営業時間について厳しい規制が設けられていたのです。
現在まで、悪しき「護送船団方式」が続いていたのかと思うとビックリです!!

「護送船団方式」というのは、一番速度の遅い船に合わせて連合艦隊の速度を合わせるものです。
弱小の信金や信組と同じ金利の預金と貸出金利で揃えておけば、大手銀行は儲かりますよねー。
そんな時代は、とっくの昔に過ぎ去ったと思っていたのですが・・・。
ここ数年、金融庁の方とお話する機会が増えたのですが、お国の方なの!?と思うぐらいしびれる方々増えてます!嬉しい流れですね!
銀行の営業時間の自由化という規制緩和と聞くとどうしても営業時間を延長すると捉えてしまいがち。ただ、現行で銀行法施行規則の第16条1項で「銀行の営業時間は、午前九時から午後三時までとする。」とともに同条2項で「前項の営業時間は、営業の都合により延長することができる。」とされています。ですので、本記事にある通り規制緩和されれば店舗によって営業時間が短縮することができるようになるということですね。とはいえ、これは多くの方が誤解するのは当然で、これまで一部を除いたほとんどの銀行が9-15時の営業時間で横並びだったわけですから。この規制緩和を受けて各行がどのような動きを見せるかまだわかりませんが、ようやく他業種では当たり前のことが行われるようになります。
銀行の営業時間が自由になると聞くと3時以降も開くようになって、業後なども利用出来るようになるというイメージが強いですが、反対に営業時間がさらに短くなるところも出てくるということなのですね。

例えば市場に併設されている支店もしくは出張所などは朝の早い時間はとても混雑しますが、その後は閑散としています。また駅に近いところは3時で一度閉め夕方再度営業することもあります。

個人的には良い動きだと思います。
そもそも駅前一等地に正社員を多数投入して高コストの支店を出す時代は終わりつつあります。9時から3時までを強制されたら銀行もやってられません。
3時までに振り込まないと当日扱いにならないのはどうにかして欲しい。気がついたら3時過ぎという経験が何度かある。
今頃って感じですがねいいことです。
サービス業としては顧客ニーズに即した営業時間は当然のこと。銀行が特別の業種からフツーの事業へと踏み出すひとつのステップ。
とはいえ、社会インフラとしての側面は引き続きあるので、当面は超規制業種であることには変わりないでしょう。
森金融庁長官になってから改革が目に見える形で進んでいる。