新着Pick
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやーこの人面白いわ・・・おっと、現役の国務大臣に失礼しました。

でも、シンゴジラだけならまだしも、じゃあ、クランシーの合衆国崩壊のような事態が起きたらどうしますか? あるいは新幹線大爆破(懐かしい)では? と即座に切り返せるのは凄い。

シンゴジラブームで色々な方が小難しい事を言っていますが、これほど面白く安全保障や危機管理についての問題提起ができる政治家や専門家はまずいないでしょう。

安全保障について今必要なのは、国民にいかに分かりやすく、考える材料を与えるかという事です。

だって政治家やメディアはずっと、「日本に攻めてくる国などない。あると考えるだけで右翼だ!」か「いざという時はアメリカがいるから日本は考えなくて大丈夫」のどちらかでしたから、自分の頭で考える、不測の事態をシミュレーションするという機会を奪われてきた訳ですから。

冒頭に石破さんが言っていますね、「みんな、真面目に考えよう」と。
そう、安全保障に限らず日本の政治にとって、今、それが一番大事です。
安全保障、日本人がこれから1番考えなければいけないことだと思っています。記事にも出てきましたが、日本の近隣の国では、侮日や反日活動が積極的に行われています。それに対して腹を立てている方も多いかと思います。では、どうやってそれを解決するのでしょう。話し合いますか?これまでの歴史が示す通り、話し合っても相手は応じません。応じないということは、問題は解決しないということです。なぜならこれこそが外交であり、相手には相手の都合と事情があるから。

じゃあ、極論かもしれませんか、それなら戦争をしますか?相当腹を立てている、いわゆる右翼と呼ばれる人々でも、日本が戦争をすることを望んでいる人はまずいないと思っています。まして、日本社会全体が、戦争をすることを歓迎するということもあり得ない。

記事の言葉を借りると、相手はミサイル100発を日本に向けて配備している。そんな中で話し合っても解決しない。でも戦争をしたくない。それでは解決になりません。ではどうしましょうか?恐らく日本人は、誰も答えられません。なぜなら日本には、そもそも戦って相手を服従させるという文化がないから。

だから、みんなで考える必要があるんだと思います。
「一応見るか」くらいで記事開いたら、個人的にはとても面白かった!シンゴジラや防衛興味ない方でも、企業の危機対策という点に置き換えれば多くの示唆がある記事だと思う。
そもそもしょっちゅう起こらないから危機だし、そのときには多くのことが一気に押し寄せインパクトも大きいからこその危機で、通常の想定内でそもそもない。そういうときに管理するのが危機管理で、全体として想定外の時に、想定外じゃないものをどれだけ増やしたり、想定外な度合いを減らすか(応用をどれだけ出来るか)。それが出来なければ危機管理にならない。
その観点で「知識がないと判断できない」というのは本当にそうだと思う。知識をつける過程含めて、どれだけ想定外を想定するかという訓練もあるのだろう。「義理・人情・浪花節」も、法律が何を想定しているかの対応範囲を理解していくことで、合法的に判断可能か、その判断をしたらどういう矛盾が発生するか、スピードが求められるときの事前の準備(記事にある日本国籍の飛行機がサミット海上に突っ込んできたらどうするか、など)もできる。
通常の準備とは違うため、使う脳みそも違うし、求められる資質が違うと思う。だから政府でも企業でも、トップが信頼を置ける専門官を置き、そういったときに権限委譲を出来るか(でも責任は当たり前だがトップが取る、一方でブラックボックスの責任を負わせないために責任を負わせてはいけないという気概も重要で、だから相互信頼が重要。そこらへんの描写が記事にとても詳細)がキーだと思っている。
危機管理というのは、日常一定の確率で起きるもの(たとえば国で言えば天災、企業で言えば貸し倒れ)に対して保険を掛ける(たとえば国で言えば通常の防災訓練や自衛隊への災害出動要請、企業で言えば貸し倒れ引当金の計上)だけでなく、テールリスクが起きた時の企業や国家の存亡の危機を回避するものだと思います(たとえば国で言えば防衛出動や首都機能の移転、企業で言えば自己資本の拡充やBCP)。このテールリスクに対する意識が希薄なのが日本人の特徴だと僕は思っています。石破さんは確かにすごいけれど、そういう部分を、国家として常に組織的に考えるようでありたいもの。
【政治】この記事をもって「News Picksの政治メディア化」と非難されている方もおられるけど、たとえ「政治メディア化」の謗りを受けたとしても、今回のインタビュー記事はかなり良質なものであったと思う。政治判断を行う行政責任者、立法実務を行う国会議員としての数々の経験が十分滲み出たインタビュー記事になっている。

「この場合にはどうするんだ、法律は何を使うんだ、と知っておく。世の中にいろんなことが起こるわけですよ。その時には「どの法令を使って対応するんだろう」ということを知り、どうにもわからなければ役人を呼んで「おい、どうなんだ」と聞く」という点が特に重要だと思った。また、石破氏が様々な映画作品や小説などのフィクションを通して様々な思考実験を行っているであろうこともよくわかった。

政治に関する記事やコメントを読んでいていつも思うのは、多くの人が「情緒」に基づいてコメントしていて、実際の法律や制度、思想的背景や諸理論、歴史といったものをあまり意識していないということである。石破氏のレベルにまでに至らなくとも、一般市民が現行法や制度にまで考えをめぐらせるということができなければ、政治はどんどん情緒に基づいたものになってしまうと思う。
日本人の危機管理意識は、自分も含めて薄い。他国と陸で国境を接していない、殆ど他国に侵略された事がない等、歴史的に危機感が薄い民族。80年代ソ連健全な時の話ですが、ドイツでライン川に架かる橋の下に大きな箱がいくつもあるので、「あれ何?」と聞いたら平然と「あーあれ?ワルシャワ条約機構軍が攻めて来た時に橋を落とす爆弾の設置場所」と答えられたのが、私の国防意識の目覚めでした。3.11の大震災の後、東京に居る外国人駐在員が激減した事知ってます? 大企業は福島原発に関する政府発表を鵜呑みにせず、飛行機までチャーターしてました。たまたま本社から日本に出張していた私は俄か現地レポーターになり、本社の危機管理リストでは「避難を拒否」と書かれました。天災と防衛、どちらも危機管理という意味では、情報収集、シミュレーションと事前対策が必要。日本の周辺は確実に危機レベルが上がっている。外交と防衛が本当に問われている。その意味ではゴジラに感謝。
有意義なインタビューでした。「想定外」ばかりだから、非常時に「超法規的措置」に頼ってしまうし、それを変えないといけない、というのが石破氏の根底にあるのかな、と感じました。

そもそも、自衛隊は、やってはいけないことだらけのなかで「やってもいいこと」が列挙される「ポジティブリスト」で動く、というのは今回、多くの関係者に指摘されました(海外の軍隊は、原則自由の中で、「やってはいけない」ことが列挙されるネガティブリスト)。法律に書かれたことしかできない中で、「想定外」に対応するためには、石破氏のように法制度の細かい部分を熟知しないといけないし、法整備が必要だと言われている理由が少しながら分かりました。

後半、撃っても撃たなくても、犠牲が出るという場合に、どうしますか?という趣旨の質問だったのですが、そこで「国民のための」という政治家的な発言だけでなく、「緊急避難の法理」を出されたとこに、それを垣間見ました。緊急避難って言葉は一般的ですが、法律的にはすごく深い…。
大臣外れた石破さんには今の内閣の問題点をガンガン言ってもらいましょう。ゴジラの話は前菜に過ぎないでしょう
トップはあらゆる知識を吸収していなければいけない。「想定外」をいかに少なくするかに注力しなければいけないー。「シン・ゴジラ評論家」への非常に示唆に富んだインタビュー。ただ、お楽しみはこれからか。本当にゴジラを倒せるのかを題材に、日本の危機管理の現状をあらゆる角度からチェックする特集になっていることを期待する。
昨夜、NHKの「異常気象」の特集を見たが、世界中の現場で日本の研究者が戦っていた。最後は人類の知恵が勝ると信じたい。
蛇足だが、「新幹線大爆破」は日本のパニック映画の秀作。インタビュアーが知っていれば、鉄道を狙ったテロリズムに関してもう少し突っ込んだ話が聞けたかも。映画館では、無人の電車が次々とゴジラに体当たりするシーンが妙にウケていただけに残念(笑)。
インタビューされる側として貴重な方とは理解していますが、石破さんご自身がどのようなニュースをピックされるかも同じぐらい興味が湧いてます。

お立場上話せることと話せないことがあるのは承知していますが、出来れば尖閣諸島周辺の実態や北朝鮮の核開発などの日頃ニュースにも切り込んでいただけないかと期待してしまいます。

それにしても、洞爺湖サミットに向けた対策と、福田元総理とのやりとりを公開されていてとても興味深かったです。ゴジラ出現よりもよりリアルなケースへの対処の仕方、特に防衛面において、より多くの政治家の考えや構想を聞いてみたいです。

残りの連載記事も、とても楽しみです!
この連載について
興行収入が53億円を超え、大ヒット中の映画「シン・ゴジラ」。人気の理由には、ゴジラ映画としての完成度はもちろん、政権中枢を担う政治家や官僚の組織と人間模様を描いた徹底的なリアリティにもある。日本に「ゴジラ級」の災難が訪れたら、この国は本当に対応できるのか。北朝鮮に中国、原発、サイバーテロ、財政破綻……。ゴジラを日本が対峙する「危機」の象徴として捉え、日本の危機対応を徹底的に問う。