新着Pick
767Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
場所代を考えなければ実現できる品質と価格ですね。普通のカフェは場所代こみなので、そこまで安くはできないでしょう。失敗しても可能性があればくりかえす、というのはとても素晴らしいことです。
人気 Picker
セブンのコーヒーの大躍進の舞台裏。
WONDAモーニングショットは「朝」をコミュニケーションのキーコンセプトにしたことによって、実は40%ほどあった朝コーヒー市場を開拓した。コーヒー市場の様な、一見、掘り尽くされていると思われる寡占市場にこそビジネスチャンスは眠っているということか。もともとトラフィックある立地に存在するコンビニで、リピート率55%とはなんて素晴らしい事業なんだ!
「初挑戦は1980年代前半」というのは驚きました。

コーヒーをよく飲んでいる人が缶コーヒーをやめてコンビニコーヒーにしたら体調が良くなったといっていました。確かに最近久々に缶コーヒーを飲みましたが、全く違いますね。いつものものは体が慣れてきて気がつきませんでしたが、缶コーヒーを飲むとよく分かりました。

何事にも人気が出るまでに失敗もあるということ。元気がでるお話でした。
セブンイレブンのコーヒーは、あの値段であの美味しさ。コスパがいいですよね。それにしても、売上がスタバに匹敵するほどまで成長していたというのは、驚きです。

-----
 セブン―イレブン・ジャパンの発表によると、セブンカフェ累計販売数は、13年1月の発売開始以来、16年2月時点でついに20億杯。15年度は8.5億杯、売り上げは930億円にものぼる。

 スターバックスコーヒージャパンが株式公開していた12年度の売り上げは、スターバックスコーヒーの店舗全体で1113億円なので、わずか3年でスタバの売り上げに追いついた。
-----
セブンのコーヒーのイノベーションはこの記事に書かれていることもあるが、それ以上に「店員の手を全く煩わせない仕組み」だと思う。

セブンはじめコンビニは殆どが加盟店。そしてコンビニのオペレーションはやることが多く本当に大変。そんな中でオペレーション負担が大きい商品やサービスは本部がいくら指示しようとも現場が敬遠してしまうため、それが顧客にとって良いプロダクトだとしても実行レベルで失敗してしまう。
そんな中でセブンコーヒーはカップだけ売ればお客様が自分であとはやってくれるという素晴らしい仕組み。

現場のことを考えた設計をした点がセブンコーヒーの成功の秘訣だと思う。
全店舗の平均値で120杯/日ですからね。とんでもないですよ。他のコンビニコーヒーの2倍近い販売量です。
これでポケモンGOなんかと組んじゃったら何杯売れるのでしょうか。
しかし、限界まで安くしちゃったよね
チームMDの詳細から、数値まで出ていてわかりやすい。毎年、豆も進化していると聞く。個人的に大手コンビニチェーンのコーヒーは飲みましたが、セブンが一番好きです。飲みなれているだけかもしれませんが。これからもさらに成長するだろうと思う。
「コンビニコーヒーなんて」と思ってましたが、セブンのコーヒー飲んで驚愕しました。(隣で飲んでた妻の味見にて)

応援してます!
舞台裏が垣間見れてとても面白い。専門店が流行らせたが、一般普及してくると地域インフラであるコンビニが奪い取る構図は様々なカテゴリで起こりそう。ドーナツ、コールドプレスジュース、ジェラート、ベーカリーあたりが次だろうか。
自分はコーヒを飲まないのですが、コンビニエンスストアでコーヒーを注文待ち行列をみると、コーヒー市場の大きさを痛感します。
コンビニエンスストアのインハンスシェアが、ニアリーイコールでコーヒーシェアだと思いこんでいましたが、この記事を読むと一概にそうな簡単なことでは無いようですね。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.01 兆円

業績