【金泉×横山】ヒットの鉄則はバッターボックスに立ち続けること

2016/9/4
AKB48グループの2代目総監督を務める横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する新連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回は『週刊SPA!』編集長の金泉俊輔さん。後編では、メディアのこれから、そしてNewsPicksの未来についても話が展開した。
“電脳ライター”を名乗っていた
横山:金泉さんは色んなメディアがある中でも、昔から雑誌の編集をやりたいなと思っていらっしゃったんですか?
金泉:僕は、高校生や大学生になったくらいから、物書きになりたかったんですよ。それこそ、秋元康さんが高校時代に、ニッポン放送に出入りして放送作家をしていましたが、そういうのに憧れて、大学時代から『ホットドッグ・プレス』などの仕事を手伝って……この世代の子はホットドッグ・プレスなんて知らないかな(笑)
横山:どんな雑誌なんですか?
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に