新着Pick
299Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たばこにあれだけ課税をするんであれば、ソーダ税はありですね。医療費削減の効果が期待できるでしょうから。
ソーダ税を課すかを問う"Measure D"を巡る2年前の投票では、バークレー市内で激しいキャンペーン合戦が繰り広げられたいた事実も興味深いです。

マイケル・ブルームバーグ元ニューヨーク市長は、"Yes on D"に個人で約6783.5万円の資金を投入し、飲料各種団体は"No on D"に合計約2.5億円の資金を投入し、市は投票キャンペーンの資金として過去最高の額を記録しました。

参考:
http://www.dailycal.org/2015/02/09/campaign-finances-continue-undergo-examination-postelection-statements-filed/
(バークレー市の学生新聞社The Daily Californianより)

https://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2014/11/06/how-michael-bloomberg-helped-pass-berkeleys-soda-tax/
(ワシントンポストより)

一つの市の投票キャンペーンに、全米の政治・経済団体が参戦した事実も、反対派が賛成派の3倍弱資金を投入したにも関わらず70%以上もの市民が「賛成」に投票した事実も、非常に興味深いです。

私もソーダ税導入後最初の月の税収について取材しましが、米国で例の無いことに最初にチャレンジし、常に"Progressive(革新的)"な市であり続けたいという市のアイデンティーを、強く感じました。
他の地域で買う人が少なかったという「健康志向」が追い風になって、ソーダ税がうまく機能しましたね。

値段が高くなれば、「(健康のことを)つい忘れて買ってしまう」ということがなくなりますから。

それにつけても「砂糖の摂取を控えよう」というのは社会が豊かになった証拠です。
戦前戦後の日本では、砂糖は大変は貴重品だったようですから。
朗報だと思います。
炭酸水は明らかに砂糖過多ですし、飲み過ぎは体に良くないと思います。ただジュース一本の値段は安いので低所得者層の人も手に取る機会も多いのだと想像します。

「甘い物は体に良くないよ」「ジュースを飲みすぎたらいけないよ」といくら言っても慣れた体はなかなか戻りません。特に低所得者層の方への効果的な啓蒙というのはなかなか難しいと思います。その点ソーダ税で買う頻度を控えることで、自然と甘いジュースを欲しない体になるというのは無理もなく、自然で良いのではないでしょうか。

日本でも少しフレイバーのついたミネラルウォーターや炭酸飲料をあえて甘くない炭酸水で割ったりするのも流行っています。米国でも甘すぎず飲む人の健康を考えた清涼飲料水が広まるといいですね。
なるほど。
では糖質制限ダイエット全盛の日本なら、糖質税(炭水化物税)を導入したら、国民がみんなスリムになり、肥満や生活習慣病が減って、医療費も削減できるのでいいかもしれませんね(笑)
ウィルキンソンドライコーラうまい
砂糖入ってません
あんまり炭酸飲料飲まないからソーダ税を意識したことはないですね。でもたまに飲む時に変な税金払わされたら腹立つな。私は他人に思想信条を押し付けられるのが一番嫌い
ソーダ税が効果を発揮したので、次はいよいよ本丸のドーナツ税ですな。特にアメリカ人はドーナツ食べ過ぎ。砂糖とトランス酸脂肪と小麦粉の塊ですやん、あれ。ドーナツ1つには平均20gの脂肪が含まれていて約300kcalあります。1個で済めばまだマシで、3個食べたら約1,000キロカロリー。それを当たり前のように3〜4個ペロリと一度にたいらげるから肥満になるんでしょう。
【国際】「炭酸」が問題なのではなくて「砂糖」が問題なのに「ソーダ税」というネーミングになっているのは、砂糖業界が働きかけたからなのだろうか?
いいね