新着Pick
249Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
いわゆる芸能人です。口は開いているけど、その先は狭い道のりです。こういう類の流れだと、YouTube Star養成学校とか流行るのかもしれませんね。
人気 Picker
ウチの6歳の子供も、毎日ゲームの実況動画をYouTubeで見ていて、自分がプレイするときも何やらブツブツと勝手に実況をやっていますよ。
こういうのは最近の子供はそう珍しくないそうです。

もう少し大きくなって滑舌が良くなったら、私がYouTubeへのアップの仕方を教えてやろうと思っています。

これで、そのうちちょっとは稼げるようにならないかしら、と密かに企んでいるバカ親です。
「プロピッカー」が中高年たちの新あこがれの職業になると良いのにね。
と書いてみて気づいたのだが、毎日のようにニュースアプリにコメントしてる私は世間からはユーチューバーみたいに思われてるのかな。YouTube もNewsPicksも圧倒的多数がROM専だもんね。
アナ雪が世界的大ヒットになったのは、ユーチューバーによって、「LET IT GO」が次から次へとアップされたため。この効果をみたディズニーは、ユーチューバーのエージェント「Maker Studios」を、2014年から2015年にかけて675億円で買収した。理由は、映画ができたときに、莫大な広告予算をメディアに注ぐ代わりに、ユーチューバーというメディアを抱えてしまえば、自由にムーブメントを創れるとの計算をしたからだ。

それから2年経ち、若年層には、ユーチューブはいまも影響力が大きいのだろうけれど、大人対象には、かなりのマーケティング・プロでない限り結果がでなくなっているというのが、私の実感だ。

理由は、2つある。

ひとは、単純に、映像づかれ。
米国でも日本でも、5本から7本のシリーズ化された短い動画をみせて、成約率をあげていくというプロダクトローンチという手法が流行った。その結果、何が起こったかといえば、見なきゃならない動画本数の爆発だ。

このパターンになれた顧客は、もはや映像を避けるようになってきて ーー
いまや、要約された1ページのレポートを提供したほうが、よほど顧客からの反応率が高くなってきている。

もうひとつは、単純に、動画広告の反応率の低さ。ユーチューブの映像を見る前に、流れる広告。「あと3秒で広告スキップできます」との表示だが、その3秒が永遠に感じてしまう。

そりゃ、そうだ。だって目的が、検索した映像をみることであり、その目的へのアプローチを邪魔してしまうのが、動画広告である。だから、一刻も早く、スキップする。

自己表現をする若者をサポートするからこそ、ユーチューバーはメディアになったのだが、しかし、その自己表現の本質を理解できずに、ユーチューバーから切り離された企業は、広告を出すことでかえって顧客離れを加速させてしまう。

アナ雪のように、ユーチューバーが、自らの喜びとして、歌いたくなるな商品を提供できているかどうか。

言いかえれば、あなたの企業は、顧客に自己表現する場を
提供できているかどうか。

それが企業が、若手のユーチューバーとともに、
新しい価値をもたらす鍵であると思うのですが、
いかがでしょう?
こちら掲載頂きました。UUUMを立ち上げて3年経ちますがまだまだYouTuberを知らない方へと。

YouTuberが日本でブレイクしたのはスマホ普及とともに2013〜2014年でご存知の通りHIKAKINが第一人者です。そこからの変化としては今では一人ではなくグループでの活動をするクリエイターも増えてきており動画のジャンルも日々増えてます。
もちろんオンライン上のクリエイターはYouTuberだけではないですが、彼らの活動を少しでも多くの人にご理解頂くことがUUUMとしての使命だと思っております。
子供の頃はこういうの楽しいと思うんですが、大人になっても楽しく続けられるんでしょうかね。

こういう短期的欲求を満たすのって、どんどん飽きてきちゃう気がします。野球選手より短命かも。その後どんなキャリアを進むのでしょう。

それとも動画作成のプロデューサーや構成作家とかになれたりするのか。

なんというか、タレントさんよりも自己消費が激しく、精神的にもかなり負担がありそう。

規制とかなんとかとかは一切考えませんが、知り合いの中学生の思考パターン、話し方、考え方、何人かの有名ユーチューバーのそれとそっくりで、空恐ろしくなったことがあります。

追記
小中高生向けのマーケティングという意味では、MixChannelの方がすごいですよ。
オジサンたちの理解のさらに上をいってます。
息子が一時期、仮面ライダーや妖怪ウォッチ等のおもちゃ関係のYoutuberを毎日見てました。ということは逆に、毎日おもちゃをレビューしてるんですよね。記事にもありましたが、毎日更新することで、習慣的に見てもらえ、結果として人気がでるのだと思います。
おもちゃのレビューも何人か見てましたが、ある程度その人の属人性が見えた方が楽しいです。そうすると、(普段冷静な○○さんがここまで興奮してるということは、相当このおもちゃは面白そうだな)みたいな見方になってきます。あるいは、(やっぱりこのおもちゃは△△さんのツボだったか)みたいな。
ちなみに、息子は小学生に上がるタイミングで、宿題などであまり時間が取れなくなり、見なくなりました。
実際に子ども達に話を聞いてみると、多くの場合はユーチューバーのクリエイティブな部分に目を向けているわけではなく、残念ながら「楽してお金持ちになれる仕事」というイメージで言っているだけ。世の中の大人を見て「仕事=給料安くて辛い・大変」と認識しているので、その対比も大きい。子ども達の仕事観をどう育んでいくか本気で考えた方が良い。
博多華丸・大吉のTHE MANZAI優勝時の漫才を思い出す・・・
小中高生はどれだけの職業が世の中にあるのか知る機会がもっとあるべきだと思います。情報だけでなく、実際に働いている大人の姿として。
私たち商工会青年部員はイベントなどを通してそういう機会をもっと作るべきですね。
相当な再生数が無いと此れだけで国内では食っていくには難しいですが、
ワールドワイドな国を超えた、人類レベルの表現なら
きっと食えるのでしょうね。