新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カントリーリポート・フィリピン編の第4回は、日・フィリピン関係(日比関係)をとりあげました。17世紀、マニラには最大級の南洋日本人町。企業進出は日本電産やヨコハマタイヤなどが比較的早く出ていましたが、最近は2013年に日本からの投資が大幅に増え、大規模工場の開設が相次ぎ、小売・サービス、ICTなどでの進出も目立ちます。

一方、日本からフィリピンという一方通行ではなく、フィリピンから日本へという動きがあります。日本には23万人のフィリピン人が住み、中国人と韓国人に次ぐ第3位グループ。そして、フィリピン人の血を引く若い芸能人たちが活躍しはじめています。

日本でも関心の高い看護・介護、そして家事労働は、フィリピン人海外労働者が最も得意とする分野です。家事労働については、東京都などで外国人を受け入れる動きがでています。期待が高まりますが、増やすにはいくつかの課題があり、記事で解説しました。

*バックナンバー
予告編「フィリピンはアジアの病人を脱することができるのか」
https://newspicks.com/news/1747269
第1回「【フォトスライド】現地写真とグラフでみるフィリピン」
https://newspicks.com/news/1747447
第2回「フィリピン出稼ぎ立国は変わるのか 好景気の実力」
https://newspicks.com/news/1747537
第3回「課題山積のフィリピン政治 ドゥテルテ大統領の意図を探る」
https://newspicks.com/news/1748108
フィリピンの主要産業の1つはBPOだそうですが、国家統計局によると、そのうち約半数がコールセンター事業で、3割程度がプログラミングとのこと。コールセンターについては、いわゆる日本のアウトソーシングとは位置付けが違い、英語力含め非常にレベルの高い仕事のようです。
看護士などは専門学校ですでに東南アジアからの留学生が来始めています。段階的にではありますけど、移民が増えていくといいですね。人口が減る以上、もっと移民には来てもらったほうがいいと思います
BPOに関しては、アメリカからも徐々に広がり始めていると思います。先日もフィリピンでサービスを展開している友人と話をしていたのですが、彼らのサービスはアメリカ企業(Google、Facebookなど)のプロジェクトをフリーランス向けに国際決済システムで行うプラットフォームで、現在フィリピン向けの需要が広く拡大しているということです。

今後米IT企業からのBPOはさらに増えていくと思うので、彼らのITリテラシーもさらに向上していくだろうと思われます。
今回も勉強になります。川端さん熱いなあ。
スポーツでもフィリピンとのハーフ出てくるかな?
友人のフィリピン人エリートは信じられないぐらい優秀です。