新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィリピンの様子を現地の写真を使い説明しました。約7000の島々からなる国土のごく一端、しかもマニラ首都圏が中心ですが、現地の雰囲気は感じて頂けると思います。マニラは日本では観光地としてあまり認識されていませんが、実は、キリスト教建築を中心に素晴らしい場所が沢山あります。問題だった移動も、ウーバーやグラブを使って比較的安全に回れるようになりました。(夕方と通勤時の渋滞は凄まじいですが・・・)

データはフィリピンという国を客観的に理解するためにお使い頂けると思います。

明日はフィリピン経済の歴史をふり返り、伝統的な出稼ぎ者送金から最近のサービス産業急成長の背景を探ります。
地に足のついたコラム記事で考えさせられる事が多い内容です。
フィリピンでの日本人戦没者は50万人以上。中国での戦没者を上回っています。おそらくそれ以上の連合軍やフィリピン人が亡くなっているでしょう。東京裁判でインド代表とは違ってフィリピン代表は日本糾弾の急先鋒だったようです。
アセアンの他国と同様、記事の記述のような美談の歴史も経て現在の日本とフィリピンの関係があると思います。
ビジネスマンとしても個人としてもこうした歴史やお互いの文化を尊重する事は大変重要ですね。

PS)
ちなみに当方スキューバダイバーでもあります。フィリピンはアニラオ、セブリロアン、ボホール、マラパスクア...ダイビングスポットが多く「アジア冒険ジジイ」としては大変楽しいところです。
フィリピンといえばIT業界などからはビジネスプロセスアウトソーシングの投資が大きい。コールセンターと単純なソフトウェア開発です。これはサービス収支。アメリカからは大きいと思いますが、日本は言語の問題からかなり少ない。出稼ぎでやってくるフィリピンの人たちの収支は貿易ではないので、所得収支かな?
仕事で何度かフィリピンに行きましたが、クライアントに聞いて面白かったのは女性がとても真面目に働き戦力になる一方で、男性は真逆、本当に働かないそうです。これは複数のクライアントで聞き、かつ街で見ても朝、昼と暇そうに群れてる男性の多いこと。女性の社会進出が世界でも上位である理由は働かない男性によって生み出されているのかと思うと文化って面白いなぁと感じた瞬間でした。

もう一つ感じたのはフィリピンの料理が美味しくなかったこと。ジョリビー、フィリピン料理をマニラで体験しましたが、、、という感じでした。結構各国で食べる料理は楽しみにしていて、必ず美味しいところは調べていきますが、Google検索でフィリピン、料理と入れたら、勝手にまずいとサジェストされて萎えた記憶が蘇りました。
保存版。大学生の時、フィリピンは最も長く滞在した国なのでとても親近感があります。英語が使えて人口1億人の平均年齢は24歳。ポテンシャルが高い!
【国際】フィリピンの基礎情報を整理できる良記事。写真はプロっぽさがないことでかえってリアリティが伝わってくる。ごはんの写真だけ妙にうまく撮れていると感じるのは気のせいだろうか?現在の職場はフィリピン人が多いため、食堂にフィリピン料理のメニューが並ぶこともしばしばあるのだが、味付けが甘い。
観光にビジネスと、こんな魅力的な首都があって人口ピラミッドが富士山型で平均年齢が若いってこれからフィリピンかなり発展しそう。