新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
オンラインが飽和すれば、オフラインでも攻めるのが基本ですね。数はいらない分、体験の豊かさで勝負できます。
人気 Picker
既存の店舗を破壊した後でちゃっかり出店する作戦?

アマゾンのしたたかさでしょうか?
Amazonの実店舗なら、店舗で買ってもらっても、オンラインで購入してもらってもよいわけで、ヘンな独自ストアでもなく、オンラインのブランド力を活かせる。店舗はショーケースや、楽しい読書体験を提示する場になるのだろうか。
とても注目したい動き。既存店が好調であるとうことなのでしょうか。
「米国のEコマース市場は小売総売上高のわずか8%しか占めていない」EC市場で勢いを増すAmazonがあえてリアルの書店をオープンさせるというのはとても興味深いです。リアルの書店に対するニーズを引き出せるのか、今後も注目です。
実際にはアマゾン内部でもまだリアル店舗の位置づけははっきりしていないのではないでしょうか。一つ明らかなのは通常の書店とは異なり、店舗単体での利益は求められない事が大きいでしょう。

もし自分なら次のようなことを試してみたいですね。

・プライム会員へのタッチポイントとしての機能(プライム会員のみ提供される特別サービス等)>プライム会員囲い込み戦略

・実験的に行われるであろうAmazonPaymentによる簡単決済(アマゾンIDによる簡単決済)>今後のAmazonPaymentのリアル店普及に向けてのユーザー体験の実証

アマゾンもFirephoneのように失敗するときもあるので、是非リアル店施策は失敗しないように頑張って欲しいと思います。
Amazon寄りのコメントばかりでもあれなので、先に実店舗を出しているよとコメントのある、楽天カフェについても考えたい。
『楽天カフェ』
http://cafe.rakuten.co.jp/

■楽天カフェという名称について
楽天の事業は多岐にわたっています。人によって持つイメージは様々。「楽天(Rakuten)」とだけ表記しても分かりづらい。楽天カフェとする事で、入り口を明確に出来る。楽天市場で人気のあるデザート中心に絞ったメニューも、分かりやすさという点では、良かったかもしれません

■楽天カフェの目的
楽天はkoboとbooksで書籍の販売をしている。重要な事業に変わりないが、一番は楽天市場 出店店舗の商品が売れること。楽天カフェで注文出来るのは、楽天市場に出店してる店舗の商品。出店店舗の商品を前面に出して、楽天市場でのリピート注文、楽天市場へのアクセスの動機付けを狙う。直売のAmazonとは違うアプローチになりますね。
楽天ユーザー以外は入りにくいイメージがあったかもしれませんが、楽天モバイルが併設されたことによって、MVNO人気とCMの効果もあり、足を運びやすくなったのではないか。

渋谷と二子玉川の2箇所に出店していますが、これが成功しているかという判断は難しい。少なくとも、出店地域においてはブランドや各サービスの認知に貢献している。店舗に立ち寄った人がSNSに書き込むことで、良否含めて地域外への波及効果もあるでしょう。Amazon booksも接点の持ち方が違うだけで、基本的には楽天と同じ方向を向いていると思います。
日本で蔦屋が遂行している取り組みに近いものがありますが、Amazonがもう少し踏み込んでいる印象がありますね。

日本にもできないかな~。
昨日のアップルストアの記事と同じ。Amazon Book Store ではなく、Amazon Books 。読書という体験を、いかにワクワクさせてくれるか。 Tsutayaみたいに、図書館運営も始めたりして。
勢い止まらねー

こりゃホント日本の既存書店は、自分達の身を守るためにはとことん攻めないと。
アップルストアがストアでなくなるという流れの様に、単なる本屋の実店舗ではない新感覚の業態なんだろな。楽しみ。
リアル店舗の理由を自分なりに予想してみると、これはリアル購買体験をどう仮想体験させるかのインプット集めだと思う。
Amazonがこれだけ色んな商品を揃え便利になってもリアルに購買総量がある理由は、リアルならでは視点があるから。
ただしこれはVR等今見え始めている技術を利用したら少なからず実現出来るはずで、その際はどれだけリアル感に近付けるのかは、やはりリアル購買を分析しないといけない。
上記を前提にすると、Amazonの実店舗には色々なとこにカメラがあり、人の目の動き、行動、体温等の変化が観察する形になってるのではなかろうか?!
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
195 兆円

業績