• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

太陽光発電のコストは原子力発電よりも大幅に安い、一体なぜこうなったのか?

business.newsln.jp
112
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • 通信業 Interaction Design Reseacher

    太陽光だけでなく、ただただ優秀な蓄電池の登場を待つばかりです。


注目のコメント

  • 一橋大・京都大学客員教授 インテグラル取締役 京大経営管理大学院客員教授

    太陽光パネルの生産コストは急速に値下がりをし、現在では、太陽光発電に適した条件を持つ国では既に、原子力発電のコストを大幅に下回るにまで低下している、とのこと。原発ありきは考え直した方がいいと思います。


  • badge
    XEED 経営コンサルタント


  • スタートアップ リーダー

    発電コスト以前に、太陽光発電は発電量の変動が大きいので、原発や火力と共存するのが宿命です。

    そもそも太陽光はエネルギー密度が希釈かつ変動が激しいので、低価格化しないと普及が進まないのが必然です。だから各国低コスト化の支援政策を打ち出していた訳で。

    日射量が安定している地域、気温が安定している地域、土地に余裕がある地域等考慮する要素はあります。日本においては、例えば夏季のエアコン電力消費が多い時間帯は日射量も多い為、太陽光発電で相殺出来る、と言った地産地消の高効率発電が重要になるはずです。

    追記
    更新したらコメントが消えました。記憶を基に書き直しました。。。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか