新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大阪梅田のヨドバシカメラは現存する日本の商業施設としては史上最大の投資額(1,500億円)が投じられた巨艦店舗です。

一等地の底地ごと買ったのが大きいのですが、国内トップクラスの売上高を誇る主な商業施設では、川崎ラゾーナ、イオンレイクタウン、LABI(ヤマダ電機)池袋総本店あたりでも投資額は500〜800億円ですので、非公開企業のヨドバシカメラが一社で梅田を落札(土地だけで1,000億円)した時には業界を震撼させました。
15年前の当時は、無謀な賭けと揶揄されたのを覚えています。

その当時は、中国からの観光客が大挙して関空に押し寄せるなど想像する人もいませんでしたし、そもそも大阪北ヤードの再開発も構想段階でしたので今のルクアも大丸もありませんでした。
そのような中で梅田店への巨額投資を決断したヨドバシの藤沢社長の慧眼には驚くべきものがあります。

この記事で紹介されてる蔦屋書店のCCC増田社長とヨドバシの藤沢社長も、創業社長〔1代目)であり、非公開企業であるという共通点があります。
上場という道を選ばなかった企業の興隆を目の当たりにするとチワワとしては複雑な思いですが、この2社が現在の流通業界で最も偉大な企業であることは間違いありません。
Apple商品のお客様を呼び込む商品力とブランド力を再実感。蔦屋のスタバとAppleを並べるチョイスが良しですね。
アップル製品はヨドバシで買うとポイントが付く分「お得」です。
いろいろ説明も聞けて、ネットで買うよりお得。

集客と売り上げが実現できる貴重な商品群でしょう。
昨年まで大阪住んでいたので、梅田のヨドバシでMacBookAir購入しました!
ヨドバシ、蔦屋書店ともに、よく足を運んでいましたが激混みしていました。

大阪の場合は梅田(大阪)駅に大型複合施設が集中しているので、自然と梅田に人が集まり、梅田で買い物をする流れがあります。
徒歩5分圏内にに、阪急梅田、阪神、大丸、ルクア1100(イーレ)、グランフロント・・・と何でもあります。伊勢丹が撤退していることからわかる通り、厳しい競争環境が、サービスレベルを上げている。
高いサービスレベルのお店が密集していると、人が集まる。当然の流れ。

Macという視点ですと、大阪では心斎橋にアップルストアがあり、休日は激混みしています。自分が行った時は2時間以上並びました。
梅田に限らず、関西全体でMacのシェア率を高めるための動きが加速しています。
Appleと言えば東京のシェア率が高かったのが、関西でも徐々にMacユーザーが増えてきている。その中で、蔦屋書店やヨドバシがAppleの売り場面積拡大、修理対応をしているので人が集まっている。

参考:「スタバでMac」を大阪でも!?~関西エリアでのMac販売強化でシェア拡大に弾み
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/742604.html
以前大阪にいた時は、茶屋町の自宅の近くだったので、毎日のようによっていました。

大阪の主要ターミナルはキタの梅田(大阪)とミナミの難波(なんは)ですが、家電量販店はミナミに多く、キタにはほとんどありません。

そんなわけで必然的に梅田ヨドバシに行くことになるわけで、この辺が東京とはちょっと事情が違うところでもあります。

ただ、目の前にあるのに大阪駅から真っ直ぐ行くことができず、地下か回り道をしなければいけないのは、いつもイライラしたものです。
蔦屋書店はターゲットを3つに分けられているそうです。
①年収1,000万円以上のプレミアエイジ
②子供に投資する世帯
③お金がない層
です。特に③に関しては、100円で本を無料で読めてずっと滞在可能です。それによって、結果的に賑わい感も常に出ていますね。
確かにこの二店舗の激混み具合はすごい。関空の外国人観光客が過去最高を更新し続けていると言うのも大きな要因だとは思います。ヨドバシについては、ここは日本なのか?と思うくらい中国語、ハングルが飛び交っています。
店舗の意味は、商品を触るだけでなく、リアルな相談とコミュニティの場所に変化というのを痛感。
タイトルと内容が合っていないというか、Apple製品を扱ってるから混んでいるというネタバレタイトルのように思うのですが…

さておき、Apple製品はあらゆるガジェットの中で桁違いに売れているモンスター商品ゆえ集客力があるという、当たり前の話ですね。
米国行ってもアジア新興国ですら若い人はみんなノートはMac, スマホはiPoneです。ただ後者はだんだんブランドへのこだわりより段違いのコスパゆえ、ファーウェイやOPPOなどアンドロイドへと乗り換えが急進行中です。Xiaomiやサムスンすら苦戦するほどそれら新興メーカの性能と価格は凄まじいです。クアルコムの最新チップ載せて3万円台などもザラです。ゆえにAppleですらiPhoneの次のイノベーションを自ら起こさない限り安泰ではありません。
ちなみに海外ではソニーやシャープのスマホは影もかたちもありません。
梅田駅直結でユニクロとかも入った大型商業施設。僕が学生の時からずっと人気のスポットですね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
226 兆円

業績

株式会社ヨドバシカメラは、家電・パソコン・カメラ・写真用品などを販売している量販店チェーンストア。 ウィキペディア

業績