偏差値69、甲子園まであと一歩。多様性とケガ予防で文武両道

2016/8/31
 一つの業界に没頭していると、いまいる自分たちの世界が世間の常識といかに異なっているか、わからなくなるものだ。
 高校女子ソフトボールの指揮官として15度の全国制覇の実績があり、現在は偏差値69の進学校・川越東高校野球部を率いる渡辺努と話をしていると、外の世界を見ることの重要性に気づかされる(偏差値は「みんなの高校情報」参照)。
 「(高校球児は)まずは高校生なわけですから、勉強とクラブ活動の両立をするために、その時間を確保してやらなければいけない。勉強をやれといっても、その時間を与えなかったら勉強できませんから。睡眠の時間も必要ですしね」
 やれ最先端のトレーニング方法だ、勝つ戦術はこうだ、食育だなど、高校野球界ではたくさんの情報が氾濫(はんらん)しているが、部活動とは、本来、勉強と両立するのが当たり前のことであるのを忘れてはならない。
 今回のプロデューサー・渡辺努は多様な視点を持ち、バランス感覚に優れた指導者といえる。
 その実績も素晴らしく、2013年4月に川越東の監督に就任すると、同年夏、埼玉県大会準優勝に輝いた。