【水野良樹×糸井重里】「寂しさ」をずっと考えてきた

2016/8/28
路上ライブは寂しがり屋がやる
水野:僕の音楽活動は、すべてが「寂しさ」からスタートしています。
13~14歳の思春期のころ、学校内でコミュニケーションがうまく取れなかった。人に褒めてもらいたい、認めてもらいたいけれど、認められないのではないかと怖くなる瞬間が多くあって。
そんななかで、たまたま持っていた武器が曲を作ることだったのです。
高校生くらいから曲を作り始めたら、クラスメートが「すごいじゃないか」と褒めてくれて、それが大きな自己肯定感となったのです。それで、友達を作るのが苦手だったのに路上ライブをしたら、お客さんが集まってくれて。
それがまたうれしい。路上ライブは、人がそっぽを向いているところからのスタートだから、振り向いてほしいという寂しがり屋の人がやるものです。
だから、寂しさをずっと考えてきたのです。
水野良樹(みずの・よしき)
「いきものがかり」のリーダー、ギター担当。1982年、静岡県生まれ。5歳より神奈川県で育つ。1999年、高校生のときに現メンバーの山下穂尊(ギター&ハーモニカ)、吉岡聖恵(ボーカル)といきものがかりを結成。明治大学中退、一橋大学卒業。2003年にインディーズ・デビュー。06年にエピックレコードジャパンからシングル「SAKURA」でメジャー・デビューした。