新着Pick
380Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
クレジットカードこそあるものの、過去の事件のこともあり、リクルートは本格的には金融事業には乗り出さない方針だなんて話も聞いていましたし、それを見込んでフィンテックに投資していたVCもありますが、これは地殻変動が起こるかもしれませんね。とても真っ当かなと。
Airレジやじゃらんと組み合わせたらどんなことができるか、買収対象となるターゲット事業や新規事業の領域はどのあたりかなど、妄想が膨らみますね。
一般事業会社が融資事業をやる場合には審査能力だけでなく、ポートフォリオの分散にも課題がある。しかし、フィンテックを活用した審査が起動に乗るならば、小口無担保融資の可能性は広がりますね。
安東さんのコメントが興味深いです。
フィンテック技術によってリスク分散が現実として可能なのか、是非ともトライしてみて欲しいと思います。

私のような昔の銀行員は、常に粉飾の可能性を疑い、会社を訪問するたびにあれこれチャックポイントを観察していました。
突然破綻する中小のほとんどは粉飾に手を染めています。

その手間が省けるのであれば、とても素晴らしいことだと思います。
おお!早速分析記事が!と思ったら違った。
「限界と可能性」について書かれているかと思ったらそういうわけではないのですね。

ちなみに同じグループとはいえ、社内でも一切情報がオープンになっていないので、僕が知っている情報レベルは皆さんと全く同じです。笑

という前提ですが、リクルートがフィンテック(と呼んで良いかどうかはさておき)に参入するのは極めてアリだと思います。今後、個人・法人問わず融資がどんどんオンライン化していく中、キーとなるのは「与信審査」の部分です。人材・不動産・飲食店・美容室・結婚式場などあらゆる業種・規模と取引しているリクルートグループだからこそ、その取引審査フローは極めて厳格かつ迅速。融資の際の与信審査にも横展開できそう、という話は以前からありました。

全貌はまだ見えませんが、どうなるか非常に楽しみです。これからメガバンクとか金融業界の経験者の採用が一気に進むんだろうなぁ。笑
リクルートポイント、airレジ、クレジット事業などを複合的に組み合わせて、フィンテック市場に新しい可能性をつくってくれそうです!

ビットコインの売買サイトを運営するビットフライヤー、GMO VenturePartnersなどに出資を行っています。
金融事業としては、難易度の高い領域。この分野は、フィンテックかどうかは、本質的なところでは、あまり関係ない。3年間の検証期間は、現実的で良いと思います。
中小企業の取引トランザクション、すなわち与信データを握っている企業が、そのビッグデータを活用し展開すると最強
小口金融になればなるほど、融資する向こう側の反社チェック、反市チェックがさらに煩雑になるし、審査コストを抑えるためのデータをどう取得するかに関心
ファーストファイナンスを思い出すね
貸出市場のプライシングの状況を考えると、めちゃくちゃ難しいビジネスだと思う。ただ、リクルートさんなので、何かやってくれるのではないかと期待しています。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.97 兆円

業績