新着Pick
791Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはもうすでにセカンドキャリアというレベルではありません。
サッカーを通してやりたいことをしていっているという方が近いでしょう。

最初はサッカーで優勝したいなどだったかもしれませんが、
だんだんと結局は考え方と行動によって結果が違うということがわかり、考え方と行動で差が出るということを教育していこうとしているのではないでしょうか。

決断力は、考えて行動してきた頻度が多いほど高まります。
堀江さんや本田選手が決断力が高いのは行動しているからでしかありません。

しかし、よく考えるより行動だ、という話がありますが、人は反射的に行動できるようになるには習慣が必要です。
習慣になるまでには行動が必要です。
そして、行動のためには「行動しよう」という考えがないと、行動に移せないのです。

その考え方を持てるかどうかは教育です。

すでに大人になってしまっている人は、例えば堀江さんや本田選手など行動している人を見て、「自分もやってみようかな」と思うこと、この考え方を持たなければ、行動に移せないのです。

幼児のうちから「まず行動する」という考え方を持てるような教育が普及することを期待します。
自分も今いる場所から、それにつながる活動をさらにやっていこうと気持ちが高まりました。
ほんとに彼の存在は奇跡だし、存在してくれていてありがたいレベルです
完全に印象論ですが、ビジネスや政治に携わる人が教育や生き方に関する考え方を語っても、どうしても色眼鏡で見られてしまいますが、同じ内容でもスポーツ選手の言葉には皆が耳を傾けるものだと感じます。そうしたアンフェアな立場を活かして、是非積極的に発信していただければなと。

それにしても、井深大も晩年には幼児教育に注力なさっていたと聞きますが、行き着くところは皆同じなんですね。僕も教育しかないと思います。それも大学や高校からでは遅すぎる。
義務教育、個人的には賛成(つまり記事の教育論に反対)。義務教育が合わない人にパスを作ることは重要だが、教育を受ける機会・権利をちゃんと担保しなければ、親が教育に関心がなければその時点で子供の未来は失われる。
あと、才能がある場合、それをどこまで伸ばすかというのは、親としては悩ましく思う。親として、楽しく生きてほしいし、そのためには好きなことと食えることのバランスが重要。ただ才能があるからといって好きとは限らないし、ましてや食えるという部分ではかなり相関が低いと思う。運動能力を偏差値的に測定して、一方でいわゆる勉強面での偏差値と生涯期待収入と比較すれば、おそらく運動能力に関しては偏差値が飛びぬけて高くて儲けがいいスポーツを選択したごく一部の人以外は、期待収入が低い(そして運動偏差値が低い人は運動を職業に選ばないためむしろ期待収入が上がる)といった結果になるのではないだろうか?体育会で培われる経験などはビジネスにおいても行かせると思っていて、マトリクスで期待収入算出すればまた違うかもしれないが…
もちろん、食える収入、人生を楽しめる収入、不必要なレベルでの収入、色々なレベルはある。ただ、才能を活用していく場合には、その人財需給と食える道をちゃんと作っていくということの検討は必要。
堀江さんの教育論に賛成で、小さな時からトコトン興味あることを極めていく教育こそが、個々人の才能の最大限活かす道だと思うし、それが国力向上にも繋がるはず。

どんな分野でも極めるためには、マインド、技術、勝ち筋(戦略)を理解する必要があり、それは他の分野にも応用可能。その普遍的な「やり方」を身につけることこそが真の教育であり、子供のうちにやっておくべきことだと思う。なぜなら、「やり方」を身につけるためには、膨大な失敗と努力が必要であり、大人になると失敗を避けてしまうから。一度身につけた「やり方」の横展開は後からでもできる。
仮に堀江さんの言うような教育をしたとして、早期に天才を発掘し特別コースを作るとして、日本は今とは全く違う国になる気がします。
恐らくもっと緊張感のある格差のある国に。新陳代謝が進むので今はその事が求められている。でも日本は多分できない。このままだとゆっくりと沈没していくしかないのかなあ。
毎日進化する不思議な生き物。一緒にいると異常なまでの努力家なのがよくわかる。
研究の世界でも、研究者のものの見方や捉え方がユニークであればあるほど純度の高いオリジナリティを生むので、とても重要なファクターです。経験的にも、概念的に異なるアイディアが生まれるときは視点や経験のユニークさが欠かせません。サッカーや研究に限らず、全ての創造的な仕事に言えることではないでしょうか。
岡田武史さんによる「サッカー選手に必要な3つのもの」に納得。これは仕事などあらゆる領域に当てはまりそうです。
本田圭佑の何が一番すごいってのは、高校時代の彼女と一途に恋愛をし、結婚して幸せな家庭を築いてること。ビジネスとかは、まあすごいんだろうけど、そこをきちんと築けてる事が人生において大事。