新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
電池電車に可能性があるのは、電気自動車と異なり、空間制約・重量制約が緩いからです♪
狭い空間にできるだけ軽くして載せなければならない宿命のEVと違って、ホームから下の部分や屋根は自由に使えるし、重心安定のためにも多少重い方が有利ということがあって、越えなければならない物理限界が低く、要は、コスト勝負ということになります。
鉄道総研では昔から勉強を蓄積されていました。その中には、燃料電池やフライホイールも真面目に取り組んでおられました。
他方で、電車の回生エネルギーで活躍する蓄電池は、必ずしもリチウムイオン電池ではなく、むしろ、ニッケル水素が大活躍していたりします。朝夕のラッシュ時には頻繁なブレーキによる回生電力が大きくなってきますので、駅の蓄電システムと連動させる見事な技術体系ができています。大阪市営やNYに「ギガセル」が活躍しているのは頼もしい限りです。
蓄電池搭載電車が世界で普及してきましたね。架線区間と非架線区間をうまく走ることができれば、架線区間の非架線化も可能になるのでしょうか?電線は景観に影響しますからね。
架線があるところも、ないところも走行出来るのですね。JR九州は新幹線といい、本件の次世代電車といい、見た目も内装もおしゃれだと思います。
こないだ鉄道総研の取材で乗ってきましたよん
中国にあっという間に真似されそうな気がしますが。コストも含めた車両としての商品完成度とこのハードをフル活用したソフト面の開発も頑張って欲しい。