新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本よりは海外市場狙いですね。国によっては再エネに有利な仕組みを取り入れているところもありますから、うまくやれば活路はあるのかもしれません。
人気 Picker
太陽電池、白物家電、更にはTVの海外販売がホンハイ傘下で復活していくならば、素晴らしいことですね。うまく行くように祈ります。
堺の記者会見の後で、テリーゴー氏が、スモールで語っていた。ソーラーは日本ではダメだが海外では機会が多い。ただ、単独でやるか、連携するかが、鍵だと言っていた。
広く、世界情勢をしっていることは強みだ。
純粋に強みを活かす再建にフォーカスしてほしい。技術的優位性があればいいが、技術的な優位性が、ないところをいくら掘っても消耗戦になる。
日本で需要が期待できなくても、中国ならまだまだ需要はありますね。鴻海が切り離しを検討していた太陽電池事業も本体で残し立て直すことにしたとのこと。今後が楽しみなニュースです。
太陽電池は撤退していく企業や持て余してる企業(投資して始めたから退けない)企業が多いです。
それは製造メーカーもですし、化学メーカーも同じです。
コストがかかりすぎる。
こういうずっと先に花開くかもしれない事業は資金的に余裕のあるところや国がやるべきと思います。
2カ月検討して収益性を確保可と判断したという割に、記述が中国(湖北省十堰市丹江口市?)、モンゴル、フィリピン、インドネシアのメガソーラー。何かまだあると信じたい。

欧州テレビ事業はうーん、イギリスなどごく一部の国で、かつ現地法人を販売代理店のような成果主義で処遇する。一方パネル仕入れは在庫処分を軸(TPVのAOCブランドのごとく)とする。この辺か。
あ、設計製造はAmtran(瑞軒)かも
台湾(ホンハイ)-中国市場の流れは解るが、日本製で価格競争に勝てるのかな? ドイツ最大の太陽電池メーカーは、中国メーカーの価格攻勢であっと言う間に倒産したし。。ホンハイの中国工場に技術移転したら笑えない。
従来の日本市場偏重を改めて、中国市場にフォーカスすれば可能性はあるということでしょうか?
この参入が成功したらホンハイの経営力が従来のシャープ経営陣より優れているということになりめふね。
実際に現地出向者の話を聞く限り、中国でもホンハイ主導で組織再編が進んでいるみたいですので、かなりのスピードで経営が変わっていく予感。今後に期待!
鸿海がバックについてるからな、以前よりは参入しやすくなったと思う
シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION)は、大阪府堺市に本社を置く日本の電機メーカー。台湾の鴻海精密工業(フォックスコングループ)の子会社。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
6,127 億円

業績