新着Pick
1332Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
谷家さん頭良すぎて対談楽しいの
「お金のデザイン」ファウンダーの谷家衛さんと堀江貴文さんの対談です。伝説の投資家と称されることもある谷家さんと、堀江さん。一見全くタイプが違うのですが、よく似た志向をお持ちの点も多いよう。谷家さんいわく、「ホリエモンとは男の趣味が似てる」と。
円資産だけを持つことのリスクについてのお二人の視点も興味深いです。
広い領域に知見のある二人ならではの対談ですね。
谷家さんは投資の世界で大成功した後、表に出るというよりライフネットや小林りんさんの教育事業などの後方支援をしてた印象だったので、今回自ら起業したTHEOがどう化かしていくのかすごく楽しみ。

あと、下記コメントはおもしろい。

何十年という長期で見ると、個々人はともかく、国民で合計すると常にいちばん賢い投資行動をしているんですよ。
ルワンダ始め、東アフリカでは特にモバイル決済が充実してる。大手銀行が預金額が小さく、パイも小さい地方にATMを設置するメリットがないから。先日堀江さんをルワンダにお連れしましたが、トークン、ビットコインを駆使すれば現金文化を無くせるポテンシャルはおおいにあると思います。
谷家さんからはいろいろと教えていただきました。センス(=美意識)あふれるユニークな投資家。
投資するにも元本がないと投資ができません(>_<)
ごくわずかな自分への投資だけですでに赤字です笑。
豪華な対談。これだけ簡潔に深く広く話せるのは凄い。

谷家さんがお話されているように今までは日本人は預金することで資産保全をしてきた。その結果、1700兆円ある個人金融資産に占める預金の割合は52%と異常な高さ(対して、アメリカは14%、ヨーロッパは35%)。これをヨーロッパ並みの比率に促すことができると、約300兆円が預金から他の資産に動くことになる。

サウジアラビアはAramcoを上場させることで200兆円の世界最大のSWFを作り国民のために資産運用をしようとしているが、日本は家計の金融資産構成比を変えるだけで300兆円の資金を運用に回せる。これは日本にとって凄まじいポテンシャルだと思う。

「資金循環の日米欧比較(日銀統計局)」https://www.boj.or.jp/statistics/sj/sjhiq.pdf
日本人が「国民で合計すると常にいちばん賢い投資行動をしている」というのはたしかにその通りといえる側面はありますね。もちろん直近はデフレが長期化する中で、現預金を持つ≒何もしないことが正しい選択になってしまったという結果論の部分も大きいですが、、、
これからは「時間を分散しながら、世界に分散投資するのがいい」というのは、前者の時間分散についてはとくに若年層にとっては必要不可欠ですが、後者の世界に分散投資というのは否定はしませんが、一概に必須ともいえないと思います。というのはわからないものには投資しないという観点で見れば、漠然と国際分散投資することが手堅いとは言い切れませんから。
もちろん自分で見聞を広げて試行錯誤して投資に取り組む意欲のある方にとっては良いのでしょうけどね。
アイスランドのワサビ http://wasabi.is/ ですね!?
「アイスランドで起きたことの巨大版が、ゆるやかに起きてくる」「預金の役割は、購買力を担保して生活水準を守ること。今は、それが円に預金することだけで達成できるかわからなくなってきている」ということなら、将来を円の預金に頼るのは難しいのかな・・・年金の現在価値は円建ての預金みたいなものだから、残りは「世界に分散しておく方が安全かもしれない」ということかもしれませんね。 ( ..)φメモメモ 残りが乏しい私には難しいけど ^^; 世界は安定的に3%程度程度の成長を続けています。世界のあらゆる資産を、その資産価値の構成比率で買うのが理想のリスクリターン関係、というのは今でも事実でしょうから。