新着Pick
525Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
他社が真似できないストーリ性を持つことですね。

1)良い製品と良い価格
2)ソーシャルグッドな関係
3)ストア以外のコンタクトポイント
4)ブランディング戦略
人気 Picker
これは強烈に参考になる記事。
Apple以上の評価を獲得したWarbyParker、おそるべしです。
「本」というモチーフと絡ませたブランド戦略(記事内のポップアップストアがオシャレすぎる)。
レモネード販売の売上金を途上国のメガネ普及に充てたり、SNSと親和性のある試着サービスを提供して、口コミ中心にコアファンを獲得。なるほどね〜。
Warby Parkerのブランディングは上手くいってると思いますが、本当に回りだしたのって店舗を作ってからなんですよね。純粋にオンラインだけでやってたらここまでには至ってないでしょう。それにまだ値段が高い。値段だけならJINSの方が安いです。逆にブランディングの面ではJINSは学ぶ必要があると思いますけどね。
>40歳未満の顧客のうち60%がSNSを参考にして購入

こういう時代なのですねーSNSはこれからの広告媒体として最も期待される分野です。

メガネは原価が安いので、ネット販売で売値を安くすることができるでしょう。
問題は、検査をどうやっているのかということです。
メガネ販売店で検査をやると、かなり緻密に検査をしてピッタリ合ったレンズを探しますよね。

それさえクリアーできれば、是非ともネット通販で買いたいと思うのですが・・・。
行き過ぎなさがありますね。ちょっとだけレトロな感じ。こういうデザインやコンセプトが受け入れられるのは、社会がイノベーションや新しいものを歓迎する一方、少し戻りが入ってきているのかもしれませんね。
WarbyParkerがここまでブランド価値を高めるに至ったのは、リアル店舗での接点を持ったことが大きい。恐らく、e-commerceに留まったままであったら、ここまでにならなかっただろう。
良い製品をリーズナブルな価格で提供するというには日本企業のお家芸でもあるが、WarbyParkerが違うのは記事にもあるように、どれだけターゲット顧客層自身が価値を感じるブランドとしての付加価値=ブランドストーリーをリアルな接点で体感させることに成功しているかが重要である。
消費者はメガネという製品ではなく、メガネに付随するストーリーを自ら纏うことで自らをブランド化する。それはどの年代にも共通の行動原理だが、ソーシャルグッドなど特にミレニアル世代に魅力的なブランド価値をオンライン/オフライン全ての接点で(単なるお題目でなく)実際のブランドとしての活動・態度で示すことで、消費者がそのブランドストーリーの一部になりたいと思わせたことが勝因である。
マーケティング業界では、エクスペリエンスという言葉がバズワード化しているが、カスタマーエクスペリエンスによるブランディングの本質をWarbyParkerの事例は示している。
ブランドとはユーザーの認識にあるので、SNSが当たり前の時代には「一緒に体験する」「コミュニケーションを取る」という事が非常に重要です。

これはマスマーケティング戦争が行われていた、1970年代頃のアメリカのプロモーション合戦などとは異なり、勝者を決める戦略から、誰を巻き込むかという流れに大きく転換してきた歴史があります。(コカコーラとペプシ、マクドナルドとバーガーキングなどは有名)

一方的なマーケティングから、双方向に変化したのは主にソーシャルメディア(Facebook、Twitterなど)が広がり始めてから広がるようになり、Facebook自体が敢えて参加型のプラットフォームに意図して戦略を変えたことは有名です。

今後は、いかにユーザーを巻き込んでブランドを一緒に作っていくかが重要になるので、WarbyParkerの事例は非常に参考になると思います。
《マーケティング》上手く色々な物で製品をパッケージしてると思う。製品のデザイン、サービス、雰囲気とか。組み合わせの妙。
ブランドストーリーのつくり方やソーシャルグッドの取り組みは参考になります。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
126 兆円

業績