新着Pick
187Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営者としては「至極まっとうな決断」なのでしょうねー。
ホテル不足が世間で騒がれているのに、「ラブ」が付くだけで暇になったのではやりきれないですから。

あくまで個人的な考えですが、風営法がラブホの部屋の規格まで規定してしまったことがラブホ衰退の原因だと思います。
風営法改正前は、職人たちが工夫を凝らした個性的なラブホが多かったそうです。
非日常を体験したいカップルにとっては特別な空間だったはずです。

風営法によってシティホテルと変わらなくなったのなら、それなりの用途に使うしかありません。

風営法の規制がなければ、日本のラブホは海外のカップルの憧れの的になれた可能性を秘めていただけに残念です。
うーん。宿泊施設はただの箱ではなく、カルチャーを体現してもらう場でもある。僕がAirbnbを積極的に使う理由もそこが一番大きい。
ーーーーー
日本中小ホテル旅館協同組合は、平日の空室率を平均60%と試算し「ラブホは年間2800万人の宿泊客を新たに受け入れられ、民泊なしでもホテル不足は解消できる」
ラブホをホテルに改装する話なんですが、そうじゃなくてラブホを日本名物ラブホとしてインバウンドに活かす戦略はないの?
先日東京で全く宿を取れず、やっと取れたと思えばラブホから改修したホテルでした。笑 外観は確かにあれですが、内観はビジネスホテルよりも広く、かつ水回りが綺麗(もちろんセパレート)なのは確かにアリだなと感じました。
いいことやん
>「ラブホは年間2800万人の宿泊客を新たに受け入れられ、民泊なしでもホテル不足は解消できる」

まあ、それはそういう面もあるけど、誰もがホテルに泊まりたいわけではない。民泊が求められる背景と一緒くたにしてはいけない。

>組合の金沢孝晃理事長が「ラブホテルはひまです。活用して下さい」と要望

ちょっと面白い。

追記
最初に入った会社では、調査明けなどで終電を逃したら、よく向かいのラブホテルに泊まっていました。(僕だけでなく男性社員の多くは)
そういう点を考えると、別に改装しなくてもいいのではないかな、なんて思う。
ホテル業界は既得権益を守るのに必死ですね。

"全国約500店が加盟する日本中小ホテル旅館協同組合(大阪市)は、平日の空室率を平均60%と試算し「ラブホは年間2800万人の宿泊客を新たに受け入れられ、民泊なしでもホテル不足は解消できる」と提言する。"
学生に、「北海道の礼文島で東京にあって礼文島にないものは何か」という宿題をいつも出していました。正解はラブホです。流石に島では成立しないようでしたが、それほど日本全国、パチンコ、コンビニ、図書館と同じくらい普及していました。でもそのラブホも曲がり角なのですね。
海外のラブホってどんなんだろう…。
agodaとかで日本のホテルを検索すると、ラブホテルが普通にでてきたりする。