新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
顔認証技術を持つNECとのコラボでしょうか。生体情報のみでの取引完結は、個人的にはとても興味があります。
人気 Picker
恐らく顔だけで買い物というのは現実的に難しいと思います。顔認証の適合率は90%台まで上がってきていますが、他の生体認証方式に比べるとまだ低いのが現状です。ある種のゲートパス程度には応用できると思いますが、ショッピング決済となるとちょっと厳しい気がします。

ですので、恐らく指紋認証や静脈認証等、あるいはスマートデバイス、ウェアラブルデバイス等との併用で、いわゆる複数要素認証に用いて認証自体の信用性を高めるという使い方の方が現実的な気がします。昨今Googleアカウントを初めとするWebサービスも複数要素認証が当たり前になってきています。決済についても複数要素認証が当たり前になると、ユーザも安心して買い物できるようになると思います。

【追記】
昨今量子コンピュータの台頭により従来の暗号がそろそろヤバいと話題になってますが、複数要素認証を多重化する事で緊急避難的にセキュリティを「ある程度」担保できます。そういう意味でも必要です。
数年以内の実用化を目指すとのことですが、顔では精度がでない気がしますが、如何でしょうか。
顔認証技術の進歩が目覚ましいな。
NECとかが間にはいるのかな?

https://newspicks.com/news/1467976
AIと同じく、ピンポントで正解を見つけるというよりも高速スクリーンが適していると思います。以下の問題を解決できる用途はいろいろありますね。ユーザーのペインが最も強いサービスはなにか???
1. 繰り返し業務
2. 処理に時間がかかる業務
3. 処理のコストが高い業務
4. 心理的にやりたくない業務
5. 規制がある
すっとぼけたコメント多いですね(苦笑)。
ベンチャーの動きを皆さん見てないんですねぇ。
しかも何故三井住友なのか、、、

下記の経緯で明らかです。

スクウェア、スタバと提携25mm出資を受け、顔パスを大規模に始める(2012年)
http://wired.jp/2012/08/09/square-starbucks-wirelesswirenews/
2015年、提携解消して上場申請
http://jp.wsj.com/articles/SB12191122738622524385704581302181312008372
IPO上場
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM20H7D_Q5A121C1FF1000/

三井住友は初期から提携しています。準備は進んでいるわけ。

で、このスクウェアの創業者は、(私は使いませんが)ツイッターの発明者ジャック・ドーシーで、出資者は超一流ベンチャーキャピタルに加え、超有名人がぞろぞろ名を連ねているわけです。
フィンテックなんて超ドックイヤーですから4年の実績がどれだけ重いか。。。

「顔パス」当然でしょう。
文章を書く読む限り、深層学習ではなく別の画像処理ですね。不特定多数から個人の特定は大変だけど、IDから持ち主かどうかは深層学習でいけると思います。支払いの最終形態は顔パスだと思うので実現してほしいです。
顔の事前登録はハードル高いよ
決済のたびにカメラに顔を差し出すのもね
モバイルウォレットのがまだ強いとおもう
スポーツジムならバンドで十分ですし
何か重要な課題があって利便性の高いものでないとなかなか広がらないですよね
2017に実証実験。2020東京は顔パス五輪になっているだろうか。
期待大。
株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行 、三井住友カード(クレジットカード会社)、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.44 兆円

業績