新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
生前退位という仕組みが、政治利用しやすくなる(例えば、他力で簡単に強制退位できる)のは美しくないので、避けて欲しいです。政治も、皇室も、日本そのものも、高齢とどう歩むかは大きな課題です。
人気 Picker
この解釈は強引過ぎて政治的意図がミエミエです。

「天皇の地位は日本国民の総意に基づく」というのは宣言規定のようなもの。
就任する時に選挙がなされないのと同じです。

この規定に実質的な意味合いを持たせるのはかえって危険です。
「私は天皇制を認めない。だから現天皇は私の意思を無視した存在だ。総意に基づかないのであるから憲法違反だ」
という輩が出てきますし、「総意」というものを裁判所が判断せざるをえなくなります。

陛下の御意志を一つのきっかけとして憲法改正の方向に持って行こうという政治的意図があるとしたら、私は反対です。
憲法改正議論は、広く堂々とやればいい。

陛下の御意志は、それとは別に深く尊重していただきたいと思います。
【政治】陛下が摂政の地位に難色を示され、いわゆる「生前退位」にこだわっているのは、国事行為や公務といった目に見える役割よりも、「宮中祭祀」という天皇本来の役割を重視しているからではないかと思う。現行憲法下では「宮中祭祀」は「私的行為」と位置づけられているため、これを公言することは絶対にできないが、先日の「お気持ち」の中では「伝統」という言葉を用いて暗にこれを強調しているのではないかと思った。

一連の「生前退位」問題を論じる上で、いわゆる「保守派」から「宮中祭祀」に関する問題提起が全くなされないことが不思議でならない。おそらく「宮中祭祀」という皇室の最も重要な伝統を理解している人が少なく、明治以降の「国民国家における天皇」をイメージしているからなのだろうが。
なんで憲法改正?という人は多いと思うが、内閣法制局によると、憲法に「天皇の地位は国民の総意に基づく」とされているので、天皇の「意志」で退くことは難しいという解釈とのこと。

まあ、なるほどと思わなくもない。

一方で、特例法ならよいとも。しかし、特例法を認めてしまうと、いつでも政治の「意志」で天皇を退位できるような気もして、いいのかとも思う。

皇室典範の改正はハードルが高いみたいだが、未来のことを考えると避けて通れない。その場合、憲法改正が必要かどうかはわからないが、そうした議論であって欲しいです。

陛下が摂政にネガティヴなお気持ちを表明されていることも重い。

追記
この話を聞いて、今の政府が憲法改正の口実にしたいだけたとか、国民投票すれば大丈夫とか、いろいろ意見があると思いますが、私はそれも含めて国民が広く議論することが大切なのかなと思います。
前半、天皇の地位は国民の総意に基づくと憲法1条に定められているため、天皇の意思で退位ができるようになる生前退位はこれに抵触するので、制度化には憲法改正が必要と内閣法制局が説明しているとあり、この点はさすが内閣法制局、影の憲法の番人だけあります。納得。

しかし、後半、今回限りの特例法で対応できるとするのは非常に疑問。なぜ下位法である法律によって、上位法の憲法を変更できるのか。憲法改正が遅れることをおそれ、事を荒立てないように穏便に特例法で済ませようという魂胆はそこにないのか、いろいろ思わずにいられません。
またまたややこしいでかい話にしようとしてるなあ笑
とにかく憲法を変えたい、という風にしか取れない。
違うと思う。

憲法に「天皇の地位は国民の総意に基づく」と書かれている以上、あくまでも「天皇の地位のみ」が国民の総意に基づくであって、生前退位はそもそも日本国憲法が想定していなかったもの。天皇の地位と生前退位は意を異にする問題。

その上で、生前退位は特例法対応で十分だと思うし、問題が生じた場合、その度ごとに特例法で解決すれば良いと思う。
「天皇の地位は日本国民の総意に基づく」と定めているのは、大日本帝国憲法が「天皇の地位は神勅に基づく」と定めていたも否定する意味合いのものであり、『天皇の意思で退位することはこれに抵触する』という理由付には当たらない。
憲法を変えずとも、国民に選ばれた国会の同意で「退位を承認する」ことは問題ないと考えます。
九州大学南野教授は次のように憲法改正の必要がないと述べている。これが通説であり明解な解釈だ。また、法制局がこれまでの自らの見解と異なる見解を述べるのもおかしい。

「皇位継承についての憲法上の条件として定められているのは、「世襲」であることのみである。つまり皇位を継承するためには嫡系の子孫でありさえすればよく、それ以外の条件(嫡系子孫のうち女子は継承できるのか、継承順位をどうするか、そしてどのような場合に皇位継承が生じるのか、等々)については、現憲法では、「国会の議決した皇室典範」の定めにすべて委ねられているわけである。

そしてこれをうけて皇室典範の第4条が、皇位継承が生じる原因を、つぎのように定めている。

天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。

皇室典範はこれ以外の皇位継承原因を定めておらず、したがって、皇位継承の原因は天皇の死去のみであり、いわゆる生前退位は認められないということになるのである。

以上の説明から明らかなように、生前退位を制度化するためには、皇室典範を改正すればよく、日本国憲法を改正する必要はない」。
天皇陛下のお言葉に対して、様々な解釈があるようですね。私はあのお言葉をとても素直な心で聴くことができました。宮中祭祀は連綿と続く皇室の使命。明仁天皇はそれに加えて民衆と触れ合うことを非常に重視していると言われている。その触れ合いを通して、民衆がありがたがる様を見て、天皇はお感じになられたのではないか。象徴天皇天皇たるご自身が民衆に触れ合うこと自身に価値があるのだと。

そう考えた場合、摂政ではその役割が果たせないのだと感じたのかも知れない。砕けた表現をすれば、摂政では国民にとってありがたみがないのです。そうなると陛下ご自身が健康を維持できない状況に陥った際に、誰が民衆と触れ合い、元気づけることができるのだろうかと考えると、それは摂政ではなく、天皇陛下なのだと。この矛盾を解決するには生前退位がベストなのかも知れないと感じられたのではないかと思う。

昭和天皇が崩御する前に闘病生活が続いた経験に基づいた、思慮に富んだお考えなのだと僕は感じています。

私はこの様な天皇陛下が日本の象徴である事に誇りを感じます。